【第十三話】実録!ネットワークビジネス体験記

 

【前の話】第十二話

【第十二話】実録!ネットワークビジネス体験記

 

====ここから第十三話====

 

 

ネットワークビジネスでは、
全ての人が成功できるわけではない。

 

 

多くの方が

「ネットワークビジネスで人生を変えたい」

と望んでビジネスに参加する。

 

 

しかし、大半の方は望みを
叶えられずに撤退していく。

 

 

残酷だが、それが現実だ。

 

 

これは、業界の数字からも
読み解くことができる。

 

 

購入している製品代
(1~2万円程度)が、

無料になっている割合で
全体の1割程度と言われている。

 

 

つまり、約9割の人達は
ほとんど収入が入っていない。

 

 

月20~30万円くらいの収入で2~3%。

 

月100万円を超えるのは0.2%。

 

 

つまり1,000人いたら
2人ということになる。

 

 

当然、会社が変われば
数字も変わるので、
目安として考えて頂きたい。

 

 

目安としても、決して無視は
できない数字ではだと思う。

 

 

ビジネスを立ち上げようと思ったら、
実際にはどの業界でもそれなりの
努力は必要だ。

 

 

簡単に稼げるほど甘くはない。

 

ネットワークビジネスも
決して例外ではない。

 

 

狭き門をくぐり抜ける決意と
情熱が求められる。

 

 

その事実は決して
忘れてはいけないだろう。

 

 

 

■Yさんのグループの強さ

 

 

ネットワークビジネスは、
人と人との繋がりが
非常に重要になるビジネスだ。

 

 

ビジネス活動を誠実に行っていけば、
お客様やビジネスパートナーとの
絆も強まっていく。

 

 

そして、長期的に
拡大しているグループほど、

リーダーの価値観が
末端のリーダーまで
きちんと共有されている。

 

 

Yさんのグループを見ると、
価値観の共有レベルが非常に高い。

 

 

Yさん以外のリーダーも
その価値観を基準に
ビジネス活動をするため、
着実にグループを拡大している。

 

 

しかし、これは口で言うほど
簡単なことではない。

 

 

一般的な会社でも、
経営理念、考え方、価値観、
方向性、意識の高さを

末端の社員まで浸透させるのは、
容易なことではないだろう。

 

 

業績が伸びている会社の多くは、
経営者の考えが末端まで浸透している。

 

 

経営者が市場に良い製品、
良いサービスを広めたいと
考えている場合、

当然、質の高い製品、
サービスが生まれてくる。

 

 

さらにアフターフォローや
顧客サポートが徹底されることで、

エンドユーザーが
受け取れる価値が高くなる。

 

 

結果、エンドユーザーへの
高い満足度に繋がっていく。

 

 

結局は、一人から始まった
想いの連鎖が価値ある製品や
サービスを世に広めていくのだ。

 

 

僕から見ていて、
Yさんはカリスマ性で
人を引っ張るタイプではない。

 

 

努力で成功を掴み取った方だ。

 

 

はっきり言って積み上げてきた
量が半端ではない。

 

 

しかし、それは普通の人でも
ネットワークビジネスで成果を
出せる証明になっていると思う。

 

 

Yさんを見ていると、
まさに「職人」という感じだ。

 

 

だからこそ、Yさんのグループでは、
価値観を共有して毎年着実に
グループを伸ばしているのだろう。

 

 

 

■職場の人に伝えるリスク

 

 

少し話は変わるが、今働きながら
ネットワークビジネスをやっている場合、

職場の人に話をするのは、
極力避けた方がいいだろう。

 

 

リスクが高過ぎる。

 

 

僕はA社でビジネスをしていた
時代に、職場の人にA社の
ビジネスを伝えたことがある。

 

 

それが上司にバレて
こっ酷く怒られた。

 

 

副業禁止の会社であれば
会社の労働規約に則って
諭旨解雇されてしまうリスクもある。

 

 

※諭旨解雇とは

労働者が解雇に相当する
重大な規則違反を犯した場合、

懲戒解雇よりも温情的な
措置として行われる退職処分。

 

 

・・・・・・・・

 

収入が途絶えてしまったら、
それこそ本末転倒である。

 

 

目先のリクルーティングに
捉われすぎず、まずは職場以外の
方達からアプローチをした方が
賢明だと思う。

 

 

 

■すり減っていくメンタル

 

 

F社のビジネスをしていく中で、
Yさんが信頼できるリーダーなのは、
十分すぎるほど理解できた。

 

 

しかし、問題は僕自身だ。

 

 

ネットワークビジネスに対して、
確信、情熱が持てないのだ。

 

 

メンタルを切り替えようと思っても、
うまくいかない。

 

 

確信、情熱が持てないと、
リクルーティングする際も
相手の心に響かない。

 

 

相手の心に響かなければ、
当然リクルーティングも
うまくいかない。

 

 

グループに対しての発言も
説得力が出ない。

 

 

自分自身のメンタルも
少しずつ疲弊していく。

 

 

「全然モチベーションが上がらない」

 

 

この負のスパイラルに
一度陥ってしまうと、
本当に厄介である。

 

 

僕の場合、ビジネス自体は
少しずつ伸び始めていた。

 

 

グループ内にもビジネスを
やる方が出てきていたし、
全体の人数も増えてきていた。

 

 

このまま積み重ねていけば、
それなりの収入になるかもしれない。

 

 

そのようなタイミングであった。

 

※僕がご紹介した方からのグループは、
 現在では300人を超えているらしい。

 

 

しかしうまくいきそうでも、
全然パワーが出ないのだ。

 

 

その状態で無理やり気持ちを
奮い立たそうとする度、
気持ちがツラくなっていく。

 

 

しかし、ミーティングや
セミナーに参加をすると、

元気に振る舞って
いなければいけない。

 

 

グループのメンバーに
落ち込んでいる様子を
見せるわけにはいかないからだ。

 

 

気持ちは下がっているのに、
元気に振る舞うというのが、

僕にとってはかなりの
ストレスであった。

 

 

現場で見せる自分と本音の乖離。

 

 

「どうしたらいいんだろう…」

 

 

僕は出口が全く見えない暗闇で
もがいている感覚であった。

 

 

結局、その気持ちは
退会するまで消えることは
なかったのである。

 

 

 

■Yさんの連絡にも出たくない

 

 

メンタルが落ち込んでくると、
アップラインからの連絡も
出たくなくなってくる。

 

 

Yさんから電話が鳴ると、
「ビクッ」と反応してしまう。

 

 

「んー、どうしよう…
 後でかけ直そうかな…」

 

 

出ようとは思うのだが、
鳴っている電話を手に取り、
そのままスルーしてしまうこともあった。

 

 

気持ちを落ち着かせて
Yさんに電話をかけ直すのだが、

「なんで電話無視するの?」

と、Yさんに言われた時は、
ドキッとした。

 

 

今思うとカマをかけた
だけだと思うが、

「家のどこかにカメラでもあるのか?」

と思ったものだ。

 

 

Yさんくらい現場で
人と接していると、

僕のメンタル状況も
理解していたのだと思う。

 

 

 

■携帯が鳴るとビクビクする

 

 

このようなメンタル状況に
なってからは、携帯が鳴る度、
ビクビクするようになっていった。

 

 

特に悪いことはしていないが、
モチベーションが上がらず
動けていない自分が申し訳なく
なってくるのだ。

 

 

Yさんの全面的なサポートの
おかげで、グループ自体は
着実に伸び続けていた。

 

 

「Yさんばかりに負担をかけている」

 

 

しかし、思うように動けない自分に
罪悪感が大きくなっていく。

 

 

ネットワークビジネスのことを
考えると気持ちが滅入ってしまう。

 

 

数字が伸びても楽しさを感じられない。

 

 

これらのことから、

「僕にはネットワークビジネスは
 本当に向いていないのかもしれない」

 

そう思うようになっていった。

 

 

人間、自分の中で
結論を出してしまうと、
その答えはなかなか覆らない。

 

 

こうしてまたしても、
僕は徐々にフェードアウトを
していくことになるのである。

 

 

 

■Yさんへの謝罪

 

 

2~3週間ほどYさんと連絡を取らず、
気持ちは引き籠り続けていた。

 

 

今振り返っても
申し訳ない気持ちになる。

 

 

しかし、このままではいけない。

 

 

僕は意を決して
Yさんに連絡を取り、
直接会う約束を取りつけた。

 

 

 

その時には、

「もうやめよう」

と気持ちを決めていた。

 

 

 

本当にどうしようもないのだが、
僕はネットワークビジネスを
頑張り続けることができない。

 

 

Yさんとは、札幌駅の地下にある
カフェで会うことになった。

 

 

珍しく僕の方が先に到着し、
Yさんを待った。

 

 

「ヤバい、マジで緊張する…」

 

 

ビジネスをやめるのは、
以前も経験しているのだが、
これは何回やっても慣れない。

 

 

申し訳なさと罪悪感、
そして自分への不甲斐なさが
込み上げてくる。

 

 

少ししてからYさんが到着した。

 

 

「あー、言わなきゃいけない」

 

 

観念して伝えるべきことを
伝えるしかない。

 

 

僕は今の気持ちを
ストレートにYさんに伝えた。

 

 

「成果が出そうでも楽しめない」

「メンタル的にすり減ってしまう」

「もう続けられない」

 

 

 

Yさんは、

「それだったら、オガワ君には
 向いてないんじゃないかな」

 

そう言って、
僕の話を受け入れてくれた。

 

 

こうして僕の4社目のビジネスは、
幕を閉じることになったのである。

 

 

 

■オガワなりの気づき

 

 

ネットワークビジネスを
4社経験して気づいたことがある。

 

 

それは、僕の内面に
沢山の問題があったことだ。

 

 

いくつか例を出すと、

「依存心」が挙げられる。

 

 

昔の僕は、今よりも
ずっと自分に自信が持てない
人間であった。

 

 

当時の僕には
自信のなさから出てくる
「依存心」があったのだと思う。

 

 

だからプロのネットワーカーと
繋がり、ビジネスができれば
何とかしてくれるはずだと
勘違いしてしまったのだ。

 

 

この考えでは
上手くいくはずもない。

 

 

自立した考え方がなければ、
どんなビジネスでも
長続きしないだろう。

 

 

僕は長い物に巻かれることで
安心感を得たいと思ったのだろう。

 

 

他にもある。

 

 

僕はネットワークビジネスの
話を伝える度に、

自分が「卑しい人間」に
なっていくような感覚に陥った。

 

 

多くの方は、この感覚は
理解できないことかもしれない。

 

 

 

しかし突き詰めると、
この感覚が致命的だったと思う。

 

 

つまり、

「相手のため」

と思って話ができないのだ。

 

 

相手のためになると思えなければ、
ビジネスに対する確信が
深まるはずもない。

 

 

 

相手のためと思えない
 
  ↓

自分ばかりがクレクレ言ってる
卑しい人間に感じてしまう

  ↓

疑心暗鬼になり、自信を失う

  ↓

ビジネスに対する確信もできず、
メンタルをすり減らし続ける

  ↓

臨界点がきてフェードアウト

 

 

 

おそらく、このような
思考プロセスで僕は
めげてしまったのだと思う。

 

 

僕のようなメンタル状況に
心当たりのある方は、

ぜひすり切れないうちに
リーダーに相談することを
オススメする。

 

 

一度すり切れたメンタルを
元に戻すのは、極めて難しい。

 

 

そのことは念頭に置いて頂きたい。

 

 

・・・・・・・・

 

 

それではここから、
F社で学んだ気づきを
シェアしていく。

 

ぜひ参考にして頂きたい。

 

 

 

■F社での学び

 

 

気づき1:成功するには正しいやり方がある

 

 

Yさんと一緒にビジネスをして
痛感したことがある。

 

 

「ネットワークビジネスにも
 成果を出すための正しいやり方がある」

ということだ。

 

 

しかし多くの場合、
ネットワークビジネスは
友人、知人から話がやってくる。

 

 

その友人、知人が
ネットワークビジネスを
熟知しているかと言うと、
ほとんどの場合そうではない。

 

 

 

そういう方と組むと、
ビジネスを伸ばすのは
非常に難しいだろう。

 

 

よく理解していない人から
よく理解していない人に
情報伝達されていくからだ。

 

 

何段か上に信頼できる
リーダーがいれば良いが、
そうでない場合も多い。

 

 

自分の属しているグループには、
ビジネスの正しいやり方を
示してくれる方はいるだろうか?

 

 

そこは冷静に見極めた方が良いだろう。

 

 

 

気づき2:結果を出しているリーダーはめちゃめちゃ働いている

 

 

僕の周りには、
ネットワークビジネスで
毎年収入を拡大している方がいる。

 

 

パッと思いつく方は
それほど多くはないが、
その方達には共通点がある。

 

 

それは、想像以上に
働いているということだ。

 

 

Yさんが分かりやすいが、
本当によく働いていた。

 

 

リーダーが現場に
出続けてくれることで、

グループのメンバーは
圧倒的に収入を取りやすくなる。

 

 

自分のグループのリーダーが
旗を振り始めたら要注意だ。

 

 

「みんなも頑張れば、
 俺のように自由になれるよ」

 

 

そう言って旅行や遊びにかまけて
現場に出なくなったら、
ほぼ確実にグループは停滞する。

 

 

ずっと現場主義でいてくれる
リーダーのグループに入れたら、
その人は幸せ者だ。

 

 

気づき3:数字を伸ばしているリーダーは、段取り力が半端ない

 

Yさんは、事前の段取りが
半端ではなかった。

 

 

会場の設営、席配置、
新規の動員数、既存の動員数。

誰をどこの席に座らせるか。

どのようなタイムスケジュールか。

アフターフォローの時間は
誰がどのようにフォローするか。

 

など。

 

綿密に計画を立てていた。

 

 

その様子を見ていて、

「ここまでやってたら、
 そりゃうまくいくよな」

と感じたものである。

 

 

長期的に発展しているリーダーは、
決してその場のノリや勢いだけで
ビジネスをしているわけではない。

 

 

見えないところで
誰よりも脳みそに汗をかいて、
段取りをしているのである。

 

 

そして自分が主体で
動いているリーダーは、

「グループが動いてくれない」

とは決して口にしない。

 

 

自分が先頭に立って動き、
背中を見せ続けてくれる。

 

 

このブログを読んでくれている方で、

「グループが動いてくれない」

と不満を抱えている方がいたら、
考えを改めた方がいいだろう。

 

 

グループのメンバーは、
自分が思っている以上に
あなたのことを見ている。

 

 

「あのリーダーが動いていないなら、
 ちょっとくらい手を抜いてもいいだろう」

 

 

そう思うメンバーも出てくるのだ。

 

 

ネットワークビジネスで
上のタイトルを取っていくには、

グループに収入を取らせていく
という責任が伴う。

 

 

それを決して忘れてはいけないのだ。

 

 

 

気づき4:プロと組むことで成功確率が飛躍的に上がる

 

ここは本当に重要なポイントだ。

 

ネットワークビジネスを
ビジネスとして取り組むなら、
絶対にプロと組んだ方がいい。

 

 

これは間違いない。

 

 

では「プロ」とは何か?

 

 

僕個人の見解を述べると、

 

‐10年以上ネットワークビジネスの
 仕事に取り組み続けている

‐5年以上毎月100万円以上の収入を
 継続して取り続けている

‐自分だけではなく、グループの
 メンバーにも自分と同等レベルの
 収入を取らせている

 

 

最低限これらの条件を
満たしている方だ。

 

 

直接のアップラインが
プロではないとしても、

自分のフォローにプロの方が
入り続けてくれるかどうか。

 

 

これは絶対に外してはいけない。

 

 

絶対だ。

 

 

人それぞれ得手不得手は違う。

 

 

あるリーダーが
成功したやり方を
そのまま真似しても
うまくいかない場合がある。

 

 

良いリーダーは、
その人の適正を見極めながら、

その方が最大限活躍できるように
ビジネスをコーディネートする。

 

 

もちろん、苦手でも
やらなければいけないことはある。

(新規開拓やアポ取りなど)

 

 

 

それでも良いリーダーは、
その方がうまくいくために、

色々な角度からやり方を
考えてくれる。

 

 

 

ネットワークビジネスでは、
組む人で成功確率に雲泥の差が出る。

 

それくらい誰と組むかは、
重要なポイントなのである。

 

・・・・・・・・

 

ここまでご覧くださり、
誠にありがとうございます。

 

 

いよいよ次回は、
ネットワークビジネス体験記の
最終話をお届けします。

 

 

今までの総括や重要なポイントを
まとめていきます。

 

 

最後までご覧頂けたら
嬉しい限りです。

 

 

・・・

 

・・・

 

第十四話につづく

【第十四話】実録!ネットワークビジネス体験記

 

 


好きなことで生きていくためには…

近い将来、人工知能が人間の仕事の大部分を奪っていくでしょう。ではなぜ「好きなことで稼ぐこと」が生き残り戦略として正しいと言い切れるのか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です