【第十一話】実録!ネットワークビジネス体験記

【前の話】第十話

【第十話】実録!ネットワークビジネス体験記

 

====ここから十一話====

 

『最後のチャレンジ』

 

 

そういうと格好良く聞こえるだろうか?

 

 

実際にチャレンジをして
成功した時は、周りには
格好良く映るのだろう。

 

 

しかし僕は挫折した。

 

 

ネットワークビジネスという
ビジネスモデルに挫け続けた。

 

 

何も威張れることはない。

 

 

しかし最後まで伝えたい。

 

 

僕が経験した全てを…

 

 

まだ終わっていないのだ。

 

 

僕は最後にもう一社
ビジネスを頑張った
会社がある。

 

 

その会社の話を抜きにして、
僕のネットワークビジネスの
キャリアは語れないだろう。

 

 

M社のビジネスも挫折し
動かなくなった僕に、
再び転機が訪れた。

 

 

■ネットワークビジネスを三社経験して気づいたこと

 

これまで、A社、M社、M社、
三社のビジネスを経験して
色々な気づきを得ることができた。

 

 

A社のビジネスをやっていた時は、

「A社のビジネスは古い」

と思っていた。

 

 

しかし、実際に成果を
出している人を見たことで
その考えは改めた。

 

 

今からA社のビジネスをやっても
成果を出している人はいる。

 

 

はっきり言って難しいとは思うが、
やれる人はいるということだ。

 

 

二社目のビジネスの時は、
モメンタムに乗っかれば
ビジネスはうまくいくと思った。

 

 

ビジネスはタイミングが
非常に重要だと思ったからだ。

 

 

しかし、結果はうまくいかなかった。

 

 

それだけではなく、すでに
二社目のM社は買収されて
会社自体が無くなっている。

 

 

二社目のM社は、
日本に上陸してから
相当注目されていた会社だ。

 

 

一時は100億円を突破し、
破竹の勢いで売上を伸ばしていた。

 

 

その会社が、今は見る影もない。

 

 

通常、モメンタムで
急成長した会社は、

5年も経つと急激に
売上が下がっていく。

 

 

 

モメンタムで急成長

  ↓

急激に売上が落ちる

  ↓

売上を立て直せず倒産、
もしくは違う会社に買収される。

 

 

 

近年日本に
上陸している新興勢力には、

大体当てはまる流れだ。

 

 

ネットワークビジネスをやる上で、
絶対に避けなければいけない
ことがある。

 

それは会社が潰れることだ。

 

会社が潰れてしまうと、
今まで頑張って積み上げてきた
収入が全てリセットされてしまう。

 

人を巻き込むビジネスだからこそ、
潰れるリスクの高い会社を選ぶと
後々大変なことになる。

 

 

 

そして三社目のM社。

 

 

リピート率の高さがあるので、
今度こそ成功できると思った。

 

 

しかし、結果的には50人以上の
グループを作ることはできなかった。

 

 

三社目の教訓で得たのは、
ネットワークビジネスは、

『他馬力』にしなければ
うまくいかないということだ。

 

ネットワークビジネスは
チーム戦だということを
嫌というほど痛感した。

 

 

自分一人だけが
頑張っても、
出せる成果は
たかが知れているのだ。

 

 

しかし、自分と同じように
流通を拡大させる人が、

1人、2人、10人、100人と
増えてきたら、加速度的に
ビジネスは発展していく。

 

 

つまりどれだけチーム戦で
『他馬力』にできるかが、
ネットワークビジネス成功の
鍵だと感じた。

 

 

 

■ネットワークビジネスのプロと繋がる

 

 

M社のビジネスも活動を
やめてしばらくした頃、
ある転機が訪れた。

 

 

僕がA社のビジネスをしていた時に
お世話になったリーダーの方から
一本の連絡を頂いたのだ。

(ここからはHさんと記載)

 

 

「ネットワークビジネスのプロの友人が
 情報交換できる人を探しているんだけど、
 コウジ会ってみない?」

 

 

なるほど。

 

ネットワークビジネスのプロか…

 

 

ネットワークビジネスで成果を
出している方には多く会ってきたが、

「プロ」と表現している方は
初めてかもしれない。

 

 

しかし、M社のメンバーだし、
もうビジネス活動もしていない。

 

 

いまさら会ってもな…

 

仕様もない気がする。

 

 

でもお世話になっている
Hさんからの紹介だから、
面子を潰すわけにもいかないな。

 

 

そう思った僕は、
このように返答した。

 

 

「情報交換は全然構いません。

 
 しかし僕は、
 M社のビジネスをやっているので、
 他に移る気はありません。

 それでも良ければ、時間作ります」

 

 

「それで構わないよ」

 

 

このような流れで、僕は
ネットワークビジネスのプロと
呼ばれる方と会うことになった。

 

 

A社でビジネスをしているHさんも
結果を出している方だったが、

Hさんがプロと表現する方は、
一体どんな人なのだろう。

 

 

単純に興味が湧いた。

 

 

こうして僕は、
ネットワークビジネスの
プロと呼ばれる方と、ご縁を
頂くことになったのである。

 

 

 

■ネットワークビジネスのプロと対面

 

 

今でも覚えている。

 

Hさんと待ち合わせした場所は、
石山通りある「ガスト」であった。

 

 

僕が到着すると、すでにHさんと
プロの方は席に座っていた。

 

禁煙席の窓側、
一番奥の角の席だ。

 

四人座れるテーブル席で、
右側にHさん、左側に
プロの方が
座っていた。

 

 

見た目はかなり若い。

 

年齢は僕とあまり
変わらないのではないだろうか。

 

見た目は意外なほど普通だ。

 

 

いや、正直に言うと最初は、
少し怪しいと感じたかもしれない。

 

 

でも僕が想像していた方とは
だいぶ違う。

 

 

ネットワークビジネスで
ある程度結果を出している方は、

なんというかギラギラしている
印象がある。

 

 

高いブランド物の服、
バッグ、靴、アクセサリー。

 

 

「俺って成功者だぜ!」

的なオーラを全開で
出している人もいる。

 

 

 

しかしお会いしたプロの方は、

「ちょっと怪しいお兄さん」

という印象だろうか。

 

 

僕が今まで見てきた
タイプとは完全に別人種である。

 

 

そして、Hさんからの紹介で、
プロの方と名刺交換をさせて頂いた。

(ここからはYさんと記載)

 

 

 

Yさんは日本国内最大手
F社でビジネスをやっている
リーダーの方だった。

 

 

F社の噂はよく聞くのだが、
詳しい話を聴いたことはない。

 

 

その時はF社に興味もなかったので、
業界全体の話など、色々と話を
聴かせて頂いた。

 

 

いざYさんと話をすると、
ネットワークビジネス業界に
対しての知識が、驚くほど
深い方であった。

 

 

ネットワークビジネス業界
全体の流れや他社のこと。

 

そして自身のビジネス経験や
ビジネスのやり方など、
色々な話を聴かせて頂いた。

 

 

ビジネスへの興味が無くなった
僕にとっても面白い話が多かった。

 

 

「さすが現場経験が長い方は、
 説得力が違うな」

 

 

つくづく感心したものだ。

 

 

こうしてYさんからは、
有益な話をたくさんして頂き、
初めての情報交換はお開きになった。

 

 

 

■Yさんとの再会

 

 

初めてお会いしてからすぐに、
YさんからLINEを頂いた。

 

また近々会いたいという旨の
連絡であった。

 

「んー、どうしようかな」

 

会っても仕方がないと思いながらも、
邪険にするわけにもいかない。

 

 

一度会ってちゃんと
お断りした方がいいな。

 

そう考えて、
再びYさんと会うことになった。

 

 

2回目のお会いした場所は、
確か同じく石山通りの
「ガスト」だったと記憶している。

 

 

Yさんとお会いすると、

「オガワ君と一緒にビジネスがしたい」

と直球で言われた。

 

 

はっきり言ってくれた方が
こちらも回答しやすい。

 

 

「M社のビジネスをやっているので、
 他の会社でビジネスをするつもりは
 ありません」

 

と、お断りした。

 

 

するとYさんは、

「僕の紹介者に会ってほしい」

と提案してくださった。

 

 

話を聞いていると、
Yさんの紹介者である「Kさん」は、

F社の中で今最も組織を
拡大しているリーダーらしい。

 

 

僕が話を聞いた時、
F社は日本で最も1年間の
増収額が多い会社であった。

 

 

つまり日本一伸びている
会社と言っていいだろう。

 

 

 

F社がすごい会社だと思ったのは、
ある一定以上のタイトルの方には、

会社の売上、新規増加率、
地域ごとのメンバー数、
地域ごとの売上、クレーム数、

などを、全てガラス張りで
公開しているところだ。

 

 

ディレクターというタイトル以上の
メンバーには、会社から詳細な数字が
書かれたレポートが配られる。

 

 

レポートを見ていると、
売上を伸ばしている
地域だけではなく、

逆に減収している地域なども
包み隠さず書かれていた。

 

 

僕はYさんにそのレポートを
見せて頂いたが、本当に驚いた。

 

 

ここまで数字を細かく公開している
ネットワークビジネスの会社は、
僕は見たことがなかった。

 

 

レポートを見てさらに驚いたのは、
ここ近年、北海道地区が
増収額でNo.1を達成している。

 

 

 

ネットワークビジネス
未経験者の
方は
ピンとこないかもしれないが、

通常、北海道はビジネスの拡大が
遅い地域だと言われている。

 

北海道で組織拡大するのは、
難易度が高いというのが、
多くのリーダーの見解だった。

 

 

しかし、その北海道で
Yさんや紹介者のKさんは
全国No.1の増収額を達成している。

 

 

本当にすごいと思った。

 

 

僕がレポートを読むかなり前に、
F社は、東京や大阪などの
大都市では売上が落ちていると
噂を聞いたことがあった。

 

 

しかし、実際は逆である。

 

 

 

東京、大阪、名古屋、福岡などの
大都市でも売上は伸びていた。

 

つくづく噂はあてにならないと
感じたものだ。

 

もうF社は、首都圏では売上は
落ちているから衰退する、と。

 

 

今思うと、言っていた方は、
何を根拠に言っていたのだろう。

 

 

このレポートを見ても
同じことが言えるのだろうか。

 

 

「そのレポートの中身が
 嘘かもしれないじゃないか」

 

 

まさかである。

 

 

もしこのレポートを誰かが
税務署や国税局に持ち込んだら?

 

数字が嘘だった場合、
会社の信用は失墜する。

 

行政処分も受けるだろうし、
会社にとって大打撃になるだろう。

 

 

300億円以上の
売上を出している会社が、

そんなリスクを冒すわけがない。

※今は約400億円ほどの売上

 

 

つまり僕に見せているレポートには、
会社の真実が書かれていると
考えるのが妥当だろう。

 

 

流通が伸びないと
言われている北海道で、
増収額No.1を達成させている立役者。

 

 

そんなリーダーに会えるなら
会ってみたいと思った。

 

 

この流れは、
A社のリーダーOさんを

繋いでもらう時と酷似している。

 

 

自分でも自覚しているが、
こういう好奇心に勝つことができない。

 

気になったら、
確かめずにはいられないのだ。

 

 

こうして僕は、Yさんの提案に乗り、
紹介者のKさんとお会いすることに
なるのであった。

 

 

 

■Yさんの師匠に出会う

 

某日ロイヤルホストにて

 

 

僕はYさんの紹介者である
Kさんに会うために、
麻生にあるロイヤルホストに向かった。

 

 

それにしても
どんな人が来るのだろう。

 

Yさんの事前紹介で、
僕はKさんに少なからず
興味を持っていた。

 

 

北海道で最もグループを拡大している
トップリーダーの一人。

 

Yさんの師匠であり、
ネットワークビジネスの
「いろは」を
教えてくれた人。

 

 

興味深い。

 

 

Yさんと二人で待っていると、
Kさんがお店にやってきた。

 

 

線は細く、メガネをかけていて
明るい表情をしている方だった。

 

 

Yさんとは全然タイプが違う。

 

 

軽く話をしただけで
そう感じた。

 

 

Kさんの雰囲気は明るく、

人を惹きつける
カリスマ性のようなものがあった。

 

 

挨拶もそこそこに、
KさんはF社のビジネスについて
話をしてくれた。

 

 

Kさんの話は簡潔で、
要点を非常に分かりやすく
伝えてくれた。

 

 

おそらくKさんとは、
1時間も話をしていない。

 

 

しかしKさんの話は、僕が今まで
解決できなかったビジネスの壁を
解消してくれるものであった。

 

 

Kさんの話で一番印象に
残っている話がある。

 

 

それが「縦ぼり」である。

 

「縦ぼり」とは、紹介者を
縦にどんどん繋いでいく
作業のことである。

 

%e3%81%9f%e3%81%a6%e3%81%bc%e3%82%8a%ef%bc%91

図のように
「縦ぼり」をしていくことで、
自分の直紹介が少なくても
グループ人数は増えていく。

 

 

それだけではない。

 

 

もし仮に、末端のDさんが
もしやる気になって紹介を
出していったとしよう。

 

%e3%81%9f%e3%81%a6%e3%81%bc%e3%82%8a%ef%bc%92

 

報酬プランによっては、
全員が報酬を受け取れるようになる。

 

すると間にいる
Aさん、Bさん、Cさん全員に
メリットのある状況が生まれるのだ。

 

%e3%81%9f%e3%81%a6%e3%81%bc%e3%82%8a%ef%bc%93

実際問題、金銭的な理由で製品の
愛用をやめてしまう方もいる。

 

しかし、縦ぼりができることで
製品代が半額、無料くらいの
報酬を得られる可能性は高くなる。

 

報酬で製品代が無料になれば、
愛用者をやめる理由はないだろう。

 

 

そうなると、愛用目的で入った人も
やめないのでリピート率が上がっていく。

 

 

強固な流通組織ができあがるのだ。

 

 

さらに、愛用者でスタートした人でも、
周りの友人に口コミをして数人の
紹介を出すパターンも珍しくない。

 

 

縦ぼりがマスターできれば、
そこから数十人、数百人の
グループができてしまうことも
十分に考えられるだろう。

 

 

この「縦ぼり」の考え方には、
カミナリに打たれたような
衝撃を受けた。

 

 

 

ネットワークビジネスに関わった場合、
いくつか悩むポイントが出てくる。

 

 

 

代表例を挙げると、

 

「伝える人がいない」

「アポイントが取れない」

「アップラインに繋げられない」

「直紹介が出せない」

「グループを拡大できない」

 

 

ステージによって悩みは
変わってくるが、現場からは
このような悩みが多く出てくる。

 

 

僕は「グループを拡大できない」
という悩みを超えられずに
ビジネス活動をやめてしまった。

 

 

その最大の原因は、ビジネスを
チーム戦で拡大することが
できなかったからだ。

 

グループ内に、一緒にビジネスを
拡大させようと頑張るパートナーが
多ければ多いほど、ビジネスは
加速していく。

 

 

しかし、これが想像以上に難しい。

 

 

人のメンタルは、簡単に
へし折れてしまうからである。

 

 

しかし「縦ぼり」ができると、
その問題は一気に解消されてしまう。

 

 

少ない紹介でも
ビジネスメンバーには、
収入を取らせてあげられるし、

愛用者にも多少の
還元をしてあげられる。

 

 

愛用者がやめなければ、
長く継続する流通網になり、
強固な継続収入の仕組みになる。

 

 

 

ネットワークビジネスで
長期間成功を続けている人は、
このように組織拡大をしているのか。

 

 

本当にすごいと感心した。

 

 

もちろん、口で言うほど
「縦ぼり」は簡単ではない。

 

長年ビジネス活動を続けてきた
プロだからこそできる業なのだろう。

 

 

Kさんは、以前違う会社で
最高120段「縦ぼり」をして
数万人の組織を作った実績がある。

 

 

プロの仕事は、アマチュアとは
全くの別物だと感じた。

 

 

こういう人達のスキルを
身につけてみたいという想いが
少しずつ出てきた。

 

 

しかし、
M社のビジネスに関わっている以上、
いまさら他に移るわけにはいかない。

 

 

 

Yさんからは、

 

「一度でいいからF社の
 製品説明に来てほしい。

 そこで現場がどうなっているか
 確認をしてほしい」

 

このように提案を受けた。

 

 

 

「んー、どうするべきか」

 

 

このままズルズルと
流されてしまいそうな気がする。

 

 

どうする…?

 

 

 

どうする、おれ…

 

 

 

どうすんの…!?

 

 

・・・

 

 

・・・

 

第十二話につづく

【第十二話】実録!ネットワークビジネス体験記

 

 


人工知能に奪われない仕事とは?

これから生き残っていくビジネスに共通する最重要ポイントを徹底解説!

なぜ「好きなことで稼ぐこと」が生き残り戦略として正しいと言い切れるのか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です