【第九話】実録!ネットワークビジネス体験記

▼【前の話】第八話

【第八話】実録!ネットワークビジネス体験記

 

====ここから第九話====

 

 

『ネットワークビジネスの成功に必要な要素』

 

現役でやってる方は、
考えたことがあるだろうか?

 

どんなビジネスもそうだが、
ガムシャラにやれば
良いというものではない。

 

成功し続けるためには、
ビジネスの本質を押さえなければ、
長続きしないのは目に見えている。

 

 

ネットワークビジネスも
例外ではない。

 

 

成功し続けるために
必要なポイントがある。

 

しかし、重要なポイントは
それほど多くはない。

 

ネットワークビジネスを
分解して考え、ビジネスの
本質に当てはめていけば、
自ずと答えは見えてくる。

 

 

 

しかし当時の僕には、
ネットワークビジネスの成功に
必要な要素が理解できていなかった。

 

頭は悪い方ではないと思うのだが、
ビジネスセンスはない。

 

つくづく凡人である。

 

しかし、そんな凡人でも真面目に
取り組んで年数を重ねていけば、
ある程度のことには気づける。

 

M社のビジネスにめげた僕は、
今後の人生に悩みながらも
落ち着いた毎日を送っていた。

 

 

あの出会いがあるまでは…

 

 

 

■M社をフェードアウトしてから…

 

M社の活動をフェードアウトしてから、
僕は普通の会社員として働いていた。

 

その頃は、セールスマンから
通販会社のコピーライターとして
転職したばかりの時期だった。

 

 

結局、今も
コピーライターとして活動しているが、
その頃はもっと不安定だった。

 

 

経済的にも、メンタル的にも。

 

 

僕はネットワークビジネスだけではなく、
色々なビジネスに立ち上げに関わり、
沢山の失敗を経験してきている。

 

 

働いていた会社の倒産は
2回経験しているし、

事業の立ち上げで失敗したことは
片手では足りないだろう。

 

 

普通の人なら、諦めていても
おかしくないと思う。

 

 

でも、僕は諦めたくなかった。

 

いや、諦められなかった。

 

 

僕は、心のどこかで常に
『不安』と『
渇望』を
抱えていたからだ。

 

 

それは「将来に対しての不安」、

そして「自由への渇望」である。

 

 

特に僕は、これらの感情が
強かったのだと思う。

 

 

将来に対して不安があるから、
「何かしなければ」という
衝動に掻き立てられる。

 

そして、

「縛られたくない!
 経済的に自由になりたい!」

という渇望があるから、
ネットワークビジネスを
選択していたのだろう。

 

 

僕が望んでいる未来は、
会社員として働いているだけでは、
手に入れるのが極めて難しい。

 

 

だから僕は、傍から見ると

「何やってるんだろうね、オガワは」

と思われる道を歩み続けてきたのだ。

 

 

その道が望む未来に繋がると信じて。

 

 

・・・・・・・・

 

 

ネットワークビジネスを続けていると、
人との繋がりは増えていく。

 

 

意図的に人との繋がりを
増やしていくビジネスなので、
新しい出会いもある。

 

 

そして、当時大変お世話になった
ダイビングショップのオーナーさんがいた。

(ここからはIさんと記載)

 

 

Iさんは過去に
数社ネットワークビジネスを
やったことがある経験者だ。

 

 

僕の取り組んでいたM社にも
登録していたことがあると言っていた。

 

 

出会いは、僕から一方的に
コンタクトを取ったのだが、
快く関係を築いてくれた。

 

 

今はネットワークビジネスからは
身を引き、ダイビングの事業に
力を入れているようだ。

 

 

僕もM社のビジネスから
フェードアウトしていた
時期だったので、

ビジネスは関係なく
仲良くして頂いていた。

 

 

そしてIさんは、
ダイビング関係の
お客様を集めて、

定期的にホームパーティーを
開催していた。

 

 

僕もIさんに声をかけて頂き、
そのホームパーティーに
参加することになったのだ。

 

 

■友人のホームパーティーでの転機

 

 

僕はIさんから
ホームパーティーの数日前に、

「新しいネットワークを始めようと思っている」

と軽く話をされていた。

 

 

その時の僕は、

「そうですか」

くらいの感覚であった。

 

 

Iさんは積極的に
ビジネスをするつもりはなく、

周りの人に軽く話を振るくらいの
感覚で取り組むようだ。

 

 

Iさんが話をしていた
ネットワークビジネスでは、

 

‐製品代が安い

‐毎月のリピート率が94%

 

というのが、
強く印象に残る
特徴であった。

 

 

通常、ネットワークビジネスの
製品は、スーパーやドラッグストアで
売られている製品よりも高い。

 

しかしIさんが話をしている
会社の製品は、ドラッグストアの
価格帯に合わせたラインナップ
なのだと言う。

 

それが本当なら魅力的だ。

 

そして一番驚いたのが、
リピート率が94%あるという話だ。

 

 

「リピート率が94%!?マジ?」

 

 

とてつもないインパクトだったが、
正直「本当か?」と
半信半疑でもあった。

 

 

「A社でもM社でも、
 そんなに高いリピート率で
 製品は流通しなかった。

 ネットワークビジネスで
 そんなに高いリピート率が
 本当に可能なのか?」

 

率直に、このように思った。

 

M社のビジネスでリピート率の
大切さは痛感していたものの

それが実現できるイメージが
全然湧いてこなかったのだ。

 

 

どの道、僕はビジネスを
やるつもりが全然なかったので、

「そんな会社あるんだな」

くらいに思っていた。

 

 

Iさんからは、今度紹介者を
繋げるから話を聴いてみてと
言われた。

 

話を聴くくらいなら、
別に断わる理由はない。

 

 

しかし、日程などは決まっておらず、
僕もタイミングが合えば話を聴く
くらいの軽い感覚であった。

 

 

このようなやり取りが
ホームパーティー前に
行われていたのだった。

 

・・・・・・・・

 

ホームパーティー参加のために
Iさん宅に伺った。

 

参加者は10人以上いたと記憶している。

 

僕は到着すると
入口近くのところに座ったのだが、
そこで僕はあることに気がついた。

 

 

「隣に座っている方の迫力が凄い」

 

僕が座ったところの隣に、
メガネをかけた体格の良い
男性が座っていた。

 

 

その方が、言葉で表現しにくい
異様な迫力をまとっている。

 

骨格というか、体のフレームも
僕とは全然違う。

 

生命力の強さが、
話さなくても伝わってきた。

 

 

「この人は一体何者なんだ?」

 

 

大げさに聞こえるかもしれないが、
本当にそう思ったのだ。

 

 

 

そしてその方は、隣に座った僕に
早々に話しかけてくれた。

 

 

「君がオガワ君?」

 

「はい、そうですけど」

 

「I君から少し話を聞いてるよ。
 M社のビジネスをやっているんだってね」

 

 

その時、この人がIさんが言ってた
ネットワークビジネスの紹介者だと
すぐに理解した。

 

 

「そうですね。
 でも、もう動いてないです」

 

 

「実は、私もM社のビジネスを
 やっていたんだよ」

 

 

「へぇー!そうなんですね!」

 

「本格的にはやってなかったけど、
 製品を口コミしたらグループが
 出来てしまってね」

 

「すごいですね」

 

 

話を聴いていると、
その方は中古車の販売や修理など
車関係の事業をしている方だった。

(ここからはSさんと記載)

 

Sさんは、
某自動車ディーラーに就職後、

3年間連続でトップセールスを
叩き出し、
最年少で店長に昇格。

 

 

それから北海道地区の
エリアマネージャーとして
活躍後、独立。

 

独立して10年間、車屋さんとして
事業を存続させているとのこと。

 

 

すごいキャリアだな…

 

 

本業である車屋の
ビジネスモデルを聞いたが、

とても考えられている
仕組みだと感じた。

 

 

そのSさんが事業について、
色々と話を聞かせてくれた。

 

 

「オガワ君。
 ビジネスを成功させるために

 大切なポイントが何だか分かるかい?」

 

 

「んー、なんでしょうか。
 色々あるとは思いますが…」

 

 

「リピート率だよ」

 

 

Sさんは、そう言い切った。

 

 

「リピート率ですか?」

 

 

「そう、リピート率。

 

 リピート率が高いとお客様が
 毎月積み上がっていくから
 売上が安定する。

 

 新規開拓ばかりに追われなくても、
 既存顧客が売上を支えてくれるからね。

 

 リピート率の低いビジネスをやると、
 毎月ゼロから売上を作るようなもの
 だから、本当に大変だよ。

 

 周りで会社を潰している経営者は、
 リピート率が低いビジネスに
 一生懸命になって、赤字を
 垂れ流し続けるんだよ」

 

 

なるほど。

 

リピート率の大切さは、
M社のビジネスをやって
僕も痛感していたところだ。

 

 

継続性の低いビジネスモデルは、
頑張っても頑張っても収益が
安定しない。

 

さらにSさんは話を続けた。

 

「M社のビジネスは、
 リピート率が低いよね。

 製品単価が1万5千円の
 健康ジュースをずっと
 飲み続ける人って、
 どれくらいいると思う?」

 

 

「それは少ないと思います」

 

 

「そうだよね」

 

 

確かに。
Sさんの言う通りである。

 

 

「でも私が今取り組んでいる
 ビジネスだと、
毎月の
 リピート率が94%あるんだよ」

 

 

「その話はIさんから聞きました。
 仕組みはネットワークですよね?

 でも製品単価が安いと聞いてます。

 安い製品だったらコミッションの
 金額も低くなると思うので、
 ビジネスとして稼げる気が
 しないのですが…」

 

 

「それは、リピート率の高さで
 解決する話だから大丈夫だよ」

 

 

なるほど。
そういうものなのか。

 

 

「オガワ君、私がやっている
 ビジネスの話を聴かせてあげるから、
 近々、時間作れるかい?」

 

 

「えっ!あっ、はい。」

 

 

思わず「はい」と言ってしまった。

 

どんどんSさんの話に
巻き込まれていく。

 

それくらいSさんの迫力は
凄まじかった。

 

なんと言うか、ドラゴンボールの
『界王券』をまとっているような
力強さがある。

 

 

ビジネスに行き詰っていた僕は、
「Yes」以外の返事をすることは
できなかった。

 

こうして僕はSさんから
新しいネットワークビジネスの
話を聴くことになったのである。

 

 

新しい流れに、再び僕は
巻き込まれようとしていたのだった…

 

・・・

 

・・・

 

第十話につづく

【第十話】実録!ネットワークビジネス体験記

 


人工知能に奪われない仕事とは?

これから生き残っていくビジネスに共通する最重要ポイントを徹底解説!

なぜ「好きなことで稼ぐこと」が生き残り戦略として正しいと言い切れるのか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です