【第九話】 投資詐欺で2,300万円の損失を出した全貌を赤裸々告白

【前の話】第八話

【第八話】 投資詐欺で2,300万円の損失を出した全貌を赤裸々告白

 

 

====ここから第九話=====

 

 

日本には、こんな諺(ことわざ)がある。

 

 

「急いては事を仕損じる」

 

 

慌てて急ぎ過ぎると、
やってることが
雑になったり、
注意力が散漫になったり、
失敗を招く要因が増える。

 

 

急いでいると時こそ、
落ち着いて冷静に行動すべき。

 

 

このような意味で使われる言葉だ。
確かにその通りだと思う。

 

 

しかし、人間には自分でも
コントロールし難いほど感情が
振り回されてしまうことがある。

 

 

その時の私は、とにかく焦っていた。

 

 

焦りから、
Kへの苛立ちを抑えることが
できなかったのである。

 

 

これからKが債権者の皆さまに
返済をするにあたって、弁護士に
相談した方が良いという話になった。

 

 

Kは残高証明を作り変えて
取引履歴を偽ってお金を集めていた。

 

 

そのため、いつ債権者の方から
法的に訴えられるか
分からない状況にある。

 

 

弁護士に相談することで、
現実的に返済をしていくための
ベストなプランを考えたかった。

 

 

「別に弁護士に相談しなくても良いのでは?」

 

と疑問に思うかもしれないので、
少しだけ当時のことを解説したい。

 

 

このような状況の時、
とことん卑怯な人間であれば、

自己破産して負債を全て帳消しに
することも当然考える。

 

 

 

しかし、詐欺行為でお金を集めて
自己破産をしようと思っても、
裁判所から『免責』は認められない。

 

※免責:返済義務が無くなること

 

 

 

自己破産して簡単に
免責が認められるとしたら、

詐欺行為であちこちから
お金を借りまくり、

どこかにお金を隠して
自己破産すれば、
手元に
多額のお金が残ることになる。

 

 

実際にそういう悪いことを
考える詐欺師もいるのであろう。

 

 

しかし、法治国家日本で
そんなことは出来ない。

(余程うまく騙し通せば話は別かもしれないが)

 

 

さらにKには、簡単に
自己破産という選択肢が取れない
強力な制約があった。

 

 

それが「刑事告訴」である。

 

 

ピンとこないかもしれないので
簡単に説明すると、

例えば、正当な手順で
出資を募り事業を興したとする。

 

 

その結果、事業に失敗して
自己破産をしたのであれば、

民法という法律に従って
処理を進めていくことになる。

 

 

しかし「詐欺」となれば話は別である。

 

 

詐欺事件は民法ではなく
刑法で裁かれる内容になる。

 

 

つまり、警察が直接介入して
被疑者を逮捕し、
裁判の
結果次第では懲役が言い渡される。

 

 

お金の返済=民法

詐欺行為=刑法

 

 

お金の返済と詐欺行為は
分けて考えなければいけないのだ。

 

 

詐欺行為に対して
刑事告訴をして実刑が下れば、

返済される確率は
さらに下がってしまう。

 

 

なぜならKが
刑務所に入ることになれば、

その期間はどう足掻いても
返済はできないからである。

 

 

今のKは返済の意思を示しているため
刑事告訴を免れているが、

自己破産して債権を
免責にしようとすれば、
刑事告発をする債権者も現れるだろう。

 

 

債権者もお金が
返ってくる見込みがあるなら
その方がいいに決まっている。

 

 

だから現状は刑事告発をしない。

 

 

しかし、返済を放棄したら
債権者はKの詐欺行為に関して
刑事告訴をすることができるのである。

 

 

今Kの目の前には、

‐損失の返済

‐刑事告訴

という選択肢が並んでいるのである。

 

 

当然Kも刑事告訴は避けたい。

 

 

そのため刑事告訴を避けられる
現実的な返済プランで
返済を進めていきたいのである。

 

 

しかし、私もKも
法律面の知識に乏しいため、

弁護士のアドバイスを受けつつ
今後の返済プランを作りたいと考えた。

 

 

そこで事件後に
弁護士と面談の約束を取り付け、
相談する機会を設けたのである。

 

 

■弁護士への相談

 

 

弁護士との面談は、
当然私も同席し、
今後のことを相談した。

(弁護士のことはO弁護士と記載)

 

 

私はO弁護士に
今までの経緯と現状を伝えた。

 

 

Kが書面を偽造してお金を集めたこと。

そのお金を全て無くしたこと。

自己破産せずに返済したいということ。

 

 

O弁護士は想像していたよりも
若い弁護士であったが、

真摯にこちらの話を
聞いてくれる方だった。

 

 

状況を伝えた上で、
O弁護士にアドバイスを求めた。

 

 

しかし結論としては、
期待していた以上のアドバイスを
得ることはできなかった。

 

 

理由は「今のKでは返済プランを
作ることができない」という点である。

 

 

返済プランを作るにしても
Kに一定以上の収入がないと
プラン自体を作ることができない。

 

 

Kに土地や資産があれば話は別だが、
当然そんなものはない。

 

 

弁護士が返済プランの
相談に乗りたくても
現状では
何もできないという話であった。

 

 

一定以上の収入があれば、
そこから返済プランを作成し、
債権者の皆さまに通知をすることができる。

 

 

全てのスタートはそこからになる。

 

 

返済プランができた後は、
弁護士が返済状況を管理し、

債権者の皆さまへの返済を
サポートしていくことができるのである。

 

 

つまり、今のKはスタートラインにすら
立つことができない状態なのだ。

 

 

債権者の皆さまには
誠心誠意説明して、

もう少し時間を
くれるように頼むしかない。

 

 

結局弁護士への相談は、厳しい現実を
突きつけられる結果となった。

 

 

早くKの働き口を確保しなければ…

 

 

焦りは増すばかりであった。

 

 

■募る苛立ち

 

 

弁護士への相談から数日が経過した。

 

 

しかし、いくらKを急かしても
一向に職探しが進んでいる様子がない。

 

 

「今、履歴書を何社か送っています」

「面接の連絡をしています」

 

ということを言っているが、
そこからの報告があがってこない。

 

 

遅い。遅すぎる。

 

 

全然事態が進展していかない。
苛立ちだけが募っていく。

 

 

私も友人に高収入の
肉体労働の職を聞いてみたが、
条件の良いところが見つからない。

 

 

Kは「今、何社か候補はあります」と
メッセージを送ってくるが
候補の会社名などは記載がない。

 

 

LINEで送ってくる情報は
相変わらず穴ばかりでレスポンスも遅い。

 

 

しかし、職探しが
一向に進まない理由は、

“ある人物”からの連絡で
判明することになる。

 

 

この“ある人”からの
連絡が決め手となり、

Kとの連絡は完全に
途絶えることになるのである。

 

 

■Kの最後の嘘

 

 

私は思わぬところから
“ある新事実”を
知らされることになった。

 

 

その新事実を教えてくれたのは、
Tさんという方だった。

 

 

Tさんは今回のKの運用にも
多少の接点がある方で、

Kに運用を任せるか悩んでいたが
結局見送りになった方だった。

 

 

しかし、Tさんのご紹介で
一人お客様を
受け入れていたので、

改めてTさんと今回の事件のことで
話をすることになった。

 

 

こちらとしては、Tさんから
ご紹介頂いた
お客様にご迷惑を
かけたので、
謝罪のつもりで
会いに行った。

 

 

しかしその時に、Tさんの口から
驚くべき事実が飛び出してきた。

 

 

「今、少額ですがKさんに
 運用を任せているんですよ」

 

 

…マジか。

 

 

その事実を聞いた時は、
本当に驚いた。

 

 

Kは以前、

「株式投資で勝てる手法がある」

と言っていた。

 

 

腕のあるプログラマーと組み、
条件に合う銘柄を選定し、

効率良く運用できる投資ツールを
開発してもらったのだ。

 

 

その話は私も当然知っていたが、
今回の事件が発覚して
お蔵入りになっていた。

 

 

しかしKは、私に黙って
再び外部からお金を集め、

株式投資のツールを使い、
こっそり運用を再開していたのだ。

 

 

どうりで事態が進展しないはずだ。

 

 

日中は運用をしているのだから
ロクに職探しもしていなかったのだろう。

 

 

その事実を知った時、
私はただただ怒りの
感情しか湧かなかった。

 

 

 

小川 : ちなみにどれくらいの額を任せているんですか?

 

 

Tさん : 70万円程度ですよ。

 

 

Kさんとの話が終わった後、
私はすぐにKに電話をかけた。

 

 

完全に頭に血がのぼっている。

 

 

私は理性を飛ばさないように
淡々とKを問い詰め始めた。

 

 

 

小川 : お前さ、俺に何か隠していることない?

 

 

K : いえ…

 

 

小川 : あのさ、俺、今日Tさんと話をしたんだわ。

 

 

K : ……

 

 

小川 : お前、今Tさんのお金運用してるんだって?

 

 

K : ……

 

 

小川 : はっきり答えろよ!Tさんの資金を運用してるのか、してないのか、どっちなんだよ!!

 

 

K : はい…

 

 

小川 : お前さ、今回の投資の損失は働いて返すって言ってたよな?それなのに、またお金を集めて運用してるって、何考えてんの?

 

 

K : ………

 

 

小川 :あれだけ投資をするのは認めないって、ずっと伝えていただろうが!こんなことやって、すぐにバレるって分からなかったのか!?

 

 

K : ………

 

 

小川 : なんとか言えよ!黙ってたら分からないだろうが!

 

 

K : ………

 

 

小川 : おい!聞いてんのか!?

 

 

K : ………

 

 

 

Kに話かけても一向に反応がない。

 

 

電話は繋がっているが、
言葉も発さない無言状態である。

 

 

私は、そのまま1分ほど
Kを呼びかけ続けた。

 

 

しかし、Kから言葉が
発せられることはなかった。

 

 

くそっ!ふざけんな!

 

またダンマリかよ!

 

 

Kは何のリアクションも返さない。
仕方がなく私は自ら電話を置いた。

 

 

それからKが私の電話に
出ることはなかったのである。

 

 

 

■Kの新たな過ち

 

 

Kと直接電話が
繋がらなくなったが、

その日の夜にKから
LINEでメッセージが届いた。

 

 

「ご迷惑をお掛けしておりますが、O弁護士と正式に契約を完了しましたので、債権の件は、O弁護士を通してお願い致します」

 

 

まさか、ここまでやるとは…

 

 

Kは弁護士の陰に隠れて、
事態をやり過ごすつもりのようだ。

 

 

このメッセージで私とKは、
完全に敵対する関係となった。

 

 

今までKが債権者に
訴えられないようにフォローし、

スムーズに返済が
できるようにアドバイスしてきたが、
ここにきて完全に手のひらを返された。

 

 

 

小川 : 結局最後まで誠意ある対応がなくて、本当に本当に残念だわ。では、朝一でO弁護士と連絡を取って、今後の事を話し合うわ。

 

 

K : いえ、お一人お一人にお返事させて頂く時間がございません。当初より弁護士には依頼するとの方針はお伝えしておりました。

 

 

小川 : 君が誠意ある対応をしない限り、こちらは訴える方向で皆さんに呼びかけるし、ご両親や君の知人関係全てに情報は回していくからね。これ以上被害者を増やさないために。

 

 

K : 方針は弁護士に伝えておりますので、お尋ね下さい。

 

 

 

このメッセージの
やり取りが行われたのは、

2015年2月16日(月)22:25からであった。

 

 

これらは、
Kから届いたメッセージの原文と
私が送ったメッセージである。

 

 

■O弁護士とのやり取り

 

 

Kが弁護士と契約をしたということは、
こちらから直接Kに手出しが
できなくなったことを意味する。

 

 

Kが雲隠れをして、他の方から
新たにお金を集めようとしているのに
こちらから何もすることができない。

 

 

本当に悔しい状況に陥った。

 

 

KはO弁護士にも損失分は
返済すると
伝えているようで、

O弁護士はKの働き口が見つかり次第、
返済プランを作成すると言っていた。

 

 

 

小川 : Kは運用で返済するつもりはないのですね?

 

 

O弁護士 : 本人はそのように言っています。

 

 

 

どうやら、
弁護士にも働いて返済すると
伝えているようである。

 

 

私はO弁護士と
やり取りをする窓口になり、
頻繁にO弁護士に連絡を入れた。

 

 

「返済プランはいつ出来上がりますか?」

「こちらも債権者の皆さまを待たせているんです」

「早急に返済プランの作成をお願いします」

 

 

弁護士を通して
Kにプレッシャーをかけて
一刻も早く返済を始めるように促した。

 

 

私の怒りの感情は、O弁護士に
向けられていくことになるのである。

 

 

■Kの人間性

 

 

KがO弁護士と契約した直後に、
Kと電話で話をした共通の知人がいる。

(ここではM君と記載)

 

 

M君は、Kと電話で話をした時の
内容を
教えてくれた。

 

 

 

Kは電話で、

 

「弁護士にお願いして本当に良かったわ」

「債権者との対応で投資に集中できなかった」

「これで投資に専念できる」

「実際、働いて5,300万円返すとか無理じゃね」

 

ということを話していたようだ。

 

 

 

私はできる限り
Kと共通の知人に連絡を取り、

Kから連絡がきたら
教えてほしいと伝えた。

 

 

すると、やはりKは、
また外部からお金を集めて
運用を始めようとしているようだった。

 

 

そんなことは絶対に認めない。

 

 

私はO弁護士に連絡をして、
このように伝えた。

 

 

小川 : Kは働いて返済すると言っているんですよね?私とKの共通の知人から、Kがまた運用をしていると情報が入ってきてますよ。

もしかしてKの「働いてお金を返す」というのは、また運用を始めるという意味なのですか?

 

 

O弁護士 : いえ、私もそのような話は聞いていませんので、本人に確認しますね。

 

 

どうやら、Kも弁護士に運用のことは
話をしていないようである。

 

 

Kは弁護士に丸投げしていて、
きちんと情報の連携が取れていない。

 

 

味方になってくれる弁護士にも
嘘をついているとは、
もはや度し難いな。

 

 

小川 : もしKがまた運用をしようとしているなら、こちらも債権者の皆さまと然るべき対応をするので、よろしくお願いしますね。

 

 

O弁護士に恨みはないが、
こちらも必死なのだ。

 

 

Kを動かすために、私はO弁護士に
プレッシャーをかけ続けた。

 

 

■O弁護士の決断

 

 

結局、O弁護士とやり取りをして
どのような着地になったのか?

 

 

結果は「O弁護士が契約を辞退」
という形で幕を閉じた。

 

 

O弁護士とは何度も電話で
やり取りをするのだが、

Kに嘘と隠し事が
多すぎるということで、

O弁護士もこれ以上依頼を
続けるのは
困難だと判断したようだ。

 

 

「申し訳ございませんが、私とKさんとの契約は終了しますので、これからはKさんと直接やり取りをしてください」

 

 

結局Kは一番の味方になってくれる
弁護士にも嘘をつき、

たった一人で自分の身を
護らなければいけなくなったのである。

 

 

■その後のKの行方

 

 

O弁護士との契約がなくなり、
Kと直接話し合いができる状況になった。

 

 

しかし、そこから事態は
さらに悪い方に進むことになる。

 

 

Kが完全に行方を
くらませてしまったのである。

 

 

電話も繋がらず、
LINEの返答もない。

 

 

Facebookも退会していた。

 

 

今までKが住んでいた
ンションは、Kの両親が
お金を出して退去してしまった。

 

 

しかし、現在の居場所は両親にも
頑なに言わなかったようである。

 

 

Kの父親に何度も確認した
(プレッシャーをかけた)が、

「居場所は知らない」の一点張りである。

 

 

話をしているとKを庇っている様子もない。

 

 

Kは両親にも居場所を言わず
いなくなったのだ。

 

 

これは風の噂ではあるが、
愛知県にいる可能性があるようだ。

 

 

最後の情報では、前の債権者Iさんと
Kの共通の友人が、名古屋駅の近くで
Kと会っていたようだ。

 

 

しかしKは、その方にも
働き先や住んでいるところは
一切言わなかったようである。

 

 

今現在、Kの正確な所在は
かっていない。

 

 

どこで何をしているかも
分からない状況である。

 

 

今回の投資事業は、最悪の結末を
迎えてしまったのである。

 

 

■これからの選択

 

 

これから私達が取れる選択肢は、
大きく分けて2つ。

 

 

一つ目はKを探しだして返済させる。

 

二つ目は弁護士を雇って訴える。

 

 

この二つになってくる。

 

 

現状では債権者の皆さまの意見も
分かれている状態である。

 

 

‐もうKを放っておいてもいい

‐Kを見つけ出して返済させたい

‐訴えてもいい

 

 

この3つの意見が出ている。

 

 

当然、Kを見つけ出して
返済させたいというのが
最も多い意見にはなっている。

 

 

この辺りは特別編で
詳しく書こうと思っているが、

Kが姿をくらませてから、
私も個人的に弁護士に相談した。

 

 

私は手元に今回の事件の
証拠になる
書類を保管している。

 

 

偽造していた残高証明や、
口座のお金の流れなどである。

 

 

それらを見せると弁護士は、

「これだけ証拠があれば訴えたら十分勝てる」

と言ってくれた。

 

 

しかし、刑事告訴をして
刑事罰を与えれば、

Kが返済しなくなる可能性が
さらに高くなる。

 

 

あちらを立てれば
こちらが立たず、である。

 

 

仮に今、
民事で訴えて返済を求めても

無い袖は振れないというように、
Kにお金が無ければどうにもならない。

 

 

訴えるデメリットや
労力を天秤にかけると、
迷ってしまうのが当然である。

 

 

■Kの誠意の結末

 

 

実は、Kはつい最近まで、
雲隠れしながらも
債権者の
方達に損失の返済を行っていた。

 

 

返済額は、毎月損失額の0.001%ずつ。

 

 

つまり100万円の損失の方には、
毎月1,000円ずつ返済をしていた。

 

 

毎月0.001%の返済を
続けるのであれば、
完済までに1,000ヶ月掛かる。

 

 

つまり83年と4ヶ月掛かる計算だ。

 

 

本気で返済しようとしているとは
到底思えない額である。

 

 

だが、微々たる額でも
返済をしているため、

債権者の多くは様子を
見ようということになっていた。

 

 

しかし、その入金も
先々月分までしか
確認が
取れていない。

 

 

債権者全員の確認は取れていないが、
どうやら先月の入金は無かったようである。

 

 

0.001%の返済も、
一年も経たないうちに
放棄してしまう始末。

 

 

当然、納得していない
債権者の方も
いらっしゃるので、

今後どのようになるかは
まだ何とも言えないところである。

 

 

Kに少しでも誠意があるなら、
皆さんの前に出てきて
謝罪してほしいが、
そのようなことは望めないだろう。

 

 

何かしらの手段を使い
こちらがKを見つけるか、

刑事告訴をして警察に
連行してもらうか。

 

 

そのようなことをしない限り、
Kが自ら皆さんの前に
出てくるとは考えにくい。

 

 

Kの投資詐欺事件は、
いまだ未解決のまま
時間だけが経過している。

 

 

Kは一体どこにいるのであろうか。

 

 

所在は分からないが、
おそらくまた同じことを
繰り返すつもりなのだろう。

 

 

誰かからお金を集めて運用し、
資金を全て無くして音信不通になる。

 

 

それを繰り返し、関わる方達に
迷惑をかけ続けるのだろう。

 

 

そう考えると、哀れな男だと思う。

 

 

彼のような生き方をしていて、
幸せな人生を手に入れることは
決して出来ないはずだから。

 

 

・・・

 

・・・

 

 

特別編につづく

【特別編】 投資詐欺で2,300万円の損失を出した全貌を赤裸々告白

 

 


人工知能に奪われない仕事とは?

これから生き残っていくビジネスに共通する最重要ポイントを徹底解説!

なぜ「好きなことで稼ぐこと」が生き残り戦略として正しいと言い切れるのか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です