積み上げた業(わざ)の美しさ

 

オガワです。

 

先日、札幌にある鉄板焼きのお店
「いしざき」に行ってきました。

 

いしざきは、高級鉄板焼きとして
札幌ではかなり有名なお店です。

 

期間限定で15周年記念感謝コース
というのがあったので、
そのコースを頂きました。

 

 

それにしても、飲食店で
15年も続けていくなんて
すごいことですよね。

 

img_4124

※前菜のサラダ

 

img_4123

※かぼちゃのスープ

 

コースで出てきたお肉も
普段食べないような高級牛肉の数々…

 

img_4134

※ローストビーフ冷製仕立て。口の中でお肉がとろけます。

 

img_4143

※カイノミという部分のお肉。ふわふわして本当に美味しい!

 

img_4132

※アワビも超美味しい!アワビって固いイメージがあったのですが、軽く火を通すだけで、こんなに柔らかくて美味しくなるなんて。アワビを美味しいと思ったのは初めてかもしれないです。

 

img_4151

※サーロインステーキと野菜たち。サーロインにガーリックチップを1枚乗せて、塩を軽く振りかけて食べるのが一番美味しかったです。

 

img_4174

※シェフがサーロインステーキを焼きあげてくれている時の様子。お肉が冷めないように、2回に分けて焼いてくれます。そういう配慮も嬉しい。

 

img_4152

※ガーリックライスとローストビーフのにぎり。どちらも美味!

 

 

デザートの写真は、
ばっちり撮り忘れました(苦笑)

 

 

15周年記念感謝コースは大満足!

 

お肉もすごく美味しかったですが、
それ以外にも僕の心をワクワクさせた
ものがありました。

 

 

それは、お肉を焼いてくださる
シェフの業(わざ)」です。

 

 

僕のお肉を焼いてくださったのは、
ベテランのシェフのようで、
とても手捌きが美しいんですね。

 

よどみがなく、流れるように
お肉を焼きあげていました。

 

僕は料理に関しては
完全に素人なので、
偉そうなことは言えませんが。

 

それでも見ていて「美しいな」と
思うような手捌き。

 

きっと、何回も何回も何回も
同じように鉄板でお肉を
焼き続けてきたのだと思います。

 

 

さらにお客様への配慮。

 

シェフがお客様のテーブルを
見ながら、ホールスタッフに
細かく指示を出していました。

 

料理の美味しさ以外でも
とても楽しめる空間でした。

 

いやはや、すごいなと。

 

 

あたり前ですが、
今の自分では絶対に出来ません。

 

やはり長年積み上げてきた
スキルは、強いなと。

 

シェフの業を見ていて
つくづく思いました。

 

 

僕がシェフのように
お肉を焼けるようになるには、
何年も修行しなければ
辿り着かない境地だと思います。

 

何年、何十年と積み上げてきた業は、
一朝一夕では真似できない

その方独自の強みになります。

 

 

手に職があるのは、
それくらいのインパクトが
あることなのですね。

 

普段では体験できない
貴重な経験をさせて頂きました。

 

 

自分も周りの方に

「すごい」

と感じて頂けるように、
スキルを積み上げ続けます。

 

 

ブログもより面白くできるように
精進しなければ。

 

 

それでは、また!

 


好きなことで生きていくためには…

近い将来、人工知能が人間の仕事の大部分を奪っていくでしょう。ではなぜ「好きなことで稼ぐこと」が生き残り戦略として正しいと言い切れるのか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です