【第七話】実録!ネットワークビジネス体験記

 

▼【前の話】第六話

【第六話】実録!ネットワークビジネス体験記

 

====ここから第七話====

 

 

翌日。

 

「ったく。何だったんだよ、昨日のは。」

 

M社の話を聞いて一晩経ったが、
全く気持ちがスッキリしない。

 

心のどこかに引っ掛かる
Hさんの言葉。

 

 

「A社のビジネスは古い」

 

「モメンタムのタイミングで
 ビジネスに参入した方がいい」

 

 

悔しいが、聞いていて
納得のできる話だった。

 

しかし、せっかくA社のビジネスを
頑張ってきて、良くしてくれた
アップラインの方達もいる。

 

 

グループのメンバーも
少なからずいる。

 

 

M社のビジネスを始めると、
その方達を裏切ってしまうようで
気が引けてしまう。

 

しかし、このままA社のビジネスを
続けていても、ジリ貧だろう。

 

月30万円稼げるようになるまで、
10年掛かる気がしていた。

 

 

「成長速度の遅い
 A社のビジネスを頑張り続ける」

 

「モメンタムというビックウェーブに
 乗っかってビジネスを拡大させる」

 

僕の頭の中には、このような2択の
イメージになっていたのだった。

 

 

■オガワ、M社のビジネスをやろうと決意する

 

僕は再びHさんに連絡を取った。

 

もう一度会って、
M社のビジネスをきちんと
理解してから決めようと思ったのだ。

 

この時には、もう気持ちは
半分以上動いていたのだろう。

 

僕はHさんのメイクアップの店舗に
伺う約束を取りつけた。

 

 

前回来た時もそうだったが、
このお店に来ると落ち着かない。

 

完全に場違いな空気感がある。

 

 

「おう、いらっしゃい」

 

お店の奥からHさんがやってきた。

 

それから僕は、Hさんから
M社のビジネスについて
じっくり話を聴くことになった。

 

 

■アマゾンの奥地で採れるミラクルフルーツ

 

M社の製品は、一言で言うと
「健康ジュース」である。

 

僕が話を聴いた当時の製品は、
健康ジュースだけだった。

※その後ラインナップは増えていったらしいが

 

 

どのようなジュースかと言うと、

アマゾンの奥地で採れる
アサイーというミラクルフルーツを
使った健康ジュースである。

 

 

近年では、ロイヤル●ストでも
アサイーのデザートなどが
メニューに出てきている。

 

アサイーを流行らせる
きっかけを
作った企業と
言ってもいいかもしれない。

 

 

アサイーは非常に栄養価が高く、
様々な効果効能が期待できる
ミラクルフルーツであった。

 

そんな凄いジュースだったのか…

 

前回も簡単な製品説明を
受けていたはずだ。

 

しかし、全然覚えていなかった。

 

騙し討ちをくらったこともあり、
防衛本能が働いたのだろう。

 

 

前回、頭に入らなかったことも
冷静に話を聴くとよく理解できた。

 

 

 

報酬プランは「バイナリー」という
右と左にグループを伸ばしていく
ものだった。

 

バイナリーのプランは、
M社で初めて聞いた。

 

A社のブレイクアウェイとは
全然別物のプランだと思った。

 

※プランの詳細については割愛

 

 

それにしても、
話を聴けば聴くほど
凄い会社だと感じた。

 

 

ある年の成長率が、

1.Google

2.M社

3.インテル

という急成長ぶりだ。

 

こんな会社が日本に上陸したなら、
絶対に流行るはずだ。

 

 

そう思ってしまった。

 

 

「可能性の大きな会社で
 ビジネスを伸ばしていきたい」

 

 

Hさんの話を聴いて、
僕はビジネスをやる決意をした。

 

騙し討ちをくらって
気分は良くなかったが
そこはグッとのみ込むことにした。

 

 

 

しかし、M社のビジネスを
やると決めた瞬間に、
次の悩みが
僕の頭をよぎった。

 

A社のビジネスで関わってきた
皆さんには、なんて説明を
したらいいんだろう。

 

本音では言いたくなかった。

 

メンバーの期待を裏切ってしまうのが
目に見えていたからだ。

 

言うのは心苦しかったが、
言わずにいるわけにはいかない。

 

僕はまず、G君に連絡をして
自分の気持ちを伝えることにした。

 

 

■G君への報告

 

G君との待ち合わせ当日。

 

もうどこで会ったかは
忘れてしまったが、

札幌中心部のカフェで
話をしたはずである。

 

G君がお店にやってきた。

 

当然、G君は僕がA社のビジネスを
やめようと思っているなど
知るよしもない。

 

僕を見つけると、
G君は笑顔で駆け寄ってきた。

 

その笑顔が僕の罪悪感を
より一層掻き立てた。

 

 

何だかんだで、
僕はG君には結構期待されていた。

 

グループは伸びていなかったが、
アポイントも取るし、直紹介も
コツコツと出していく。

 

ミーティングへの出席率も
非常に高かった。

 

そういう姿勢をG君は
買ってくれていたのだ。

 

 

罪悪感が押し寄せてくる。

 

 

ヤバい、帰りたい。

 

 

G君は僕の前に笑顔で座った。

 

そして、

「コウジさん、今日はどうしましたか?」

と尋ねてきた。

 

 

このタイミングで言うしかない。

 

 

「実はね…

 A社のビジネスをやめようと
 思っているんだ」

 

 

G君の表情が一瞬にして険しくなった。

 

 

「それはどうしてですか?
 最近も頑張って動いていたのに…

 何かありました?」

 

 

「違うビジネスを
 やろうと思っているんだ。

 M社って聞いたことある?」

 

 

「いえ、聞いたことないですね」

 

 

「新しくアメリカから上陸した
 会社なんだけど、その会社の
 ビジネスをやろうと思ってるんだ」

 

 

「・・・・・・」

 

 

G君の言葉が止まった。

 

そして少しの沈黙の後、
G君は再び口を開いた。

 

 

「なぜ、M社のビジネスを?
 A社のビジネスとの違いは何ですか?」

 

 

「一言で言うと、タイミングかな。

 これからM社のビジネスが
 伸びると思ったんだ。

 俺にはA社のビジネスは難しいよ」

 

 

正直に、思っていることを伝えた。

 

 

「そうですか。分かりました。
 Oさんには僕から伝えておきます」

 

「そっか、ありがとう」

 

「話はこれだけですか?」

 

「うん、そうだね」

 

「それなら、僕はこれで失礼します」

 

 

用件を伝えると、
G君はすぐに帰ってしまった。

 

 

当然か。

 

他に話すことなんて無いもんな。

 

何はともあれ、G君に
きちんと伝えられて良かった。

 

きっと、これから気まずく
なってしまうんだろうけど。

 

 

こうして僕は、
M社のビジネス活動を
本格的にスタートすることに
なるのであった。

 

 

■オガワ、M社のビジネスをスタート

 

A社でアポイントの取り方や
繋げ方を学んでいた僕は、

M社のビジネスを比較的スムーズに
スタートすることができた。

 

基本的には、A社の時と
やることは変わらない。

 

 

アポイントを取り、
Hさんに繋ぐ。

 

どんどんアポイントを取り、
Hさんに繋いでいった。

 

正直、A社の時と比べて
圧倒的に伝えやすかった。

 

そもそもM社のことを
知らないひとがほとんどだ。

 

「なに、それ?」

 

という真っ白な状態なので、
こちらで興味づけさえできれば
Hさんに繋ぐのは難しくなかった。

 

こうして僕は、M社のビジネスに
力を入れていくのであった。

 

 

■オガワ一気に紹介を伸ばす

 

ビジネスをスタートさせた僕は、
順調に紹介者を出していくことができた。

 

 

その要因は大きく言うと
2つあると思う。

 

一つは、M社のビジネスが
A社と比べて伝えやすかったこと。

 

M社の製品はアサイーの
健康ジュースしかない。

 

話をする側としては、
沢山の製品があるよりも
圧倒的に伝えやすかった。

 

 

そして2つ目は、
僕自身が自信を持って
ビジネスを伝えられたこと。

 

 

この2つの要因が大きかったと思う。

 

 

特に自信があることは、
相手の心にも響きやすい。

 

僕はM社のモメンタムの時期に
ビジネスに参入できて、
本当にラッキーだと思った。

 

こうして僕は、
Hさんの力を存分に借りながら、
グループ人数を一気に30人程度まで
拡大することができたのだった。

 

 

A社で一年数ヶ月掛かっても
出来なかったことが、

M社のビジネスでは
2~3ヶ月ほどで出来てしまった。

 

トップリーダーからすると
非常に遅いペースかもしれないが、
僕にとっては確かな手応えだった。

 

こうして僕のM社のビジネスは
好調な滑り出しで発信した。

 

 

このペースで伸びていけば、
一年後には数百人のグループに
なっているかもしれない。

 

基本的にネットワークビジネスで
200~300人のグループ人数がいれば
月収で30万円以上になる。

 

そうすれば、M社のビジネスだけで
生計を立てることも十分可能である。

 

A社の時とは違い、グループの中にも
ビジネス意識のある人が出てきた。

 

「今度はイケるかもしれない」

 

そう感じていた。

 

 

しかし、喜んでいたのも束の間。

 

また新たな問題が浮上してきた。

 

ネットワークビジネスに慣れていない
僕にとっては、いつも何かしらの
問題が浮上してくる。

 

 

新たに出てくる壁によって、
僕のM社のビジネスは、暗礁に
乗り上げてしまうのだった。

 

 

・・・

 

・・・

 

第八話につづく

【第八話】実録!ネットワークビジネス体験記

 

 


人工知能に奪われない仕事とは?

これから生き残っていくビジネスに共通する最重要ポイントを徹底解説!

なぜ「好きなことで稼ぐこと」が生き残り戦略として正しいと言い切れるのか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です