投資とネットワークビジネスが合体する怖さとは…

 

オガワです。

 

最近、色々な情報が
慌ただしく入ってきています。

 

特に投資系とネットワークビジネスの
話が多いですかね。

 

 

ご存じの通りネットワークビジネスは、
僕はビジネスでは取り組まないので、
話を聞くくらいですが。

 

投資の話は、情報収集の一環として
積極的に話を聞きに行くことが多いです。

 

 

良いかもと感じる話もあれば、
「あれれっ?」と思う話もあります。

 

割合で言うと、
良いと感じることの方が
圧倒的に少ないですね。

 

 

そして、色々な話を聴く中で
感じることがあります。

 

最近は、投資とネットワークビジネスが、
合体している仕組みが多いということ。

 

暗号通貨が広まり始めてから、
特にそういう仕組みが多いように
感じています。

 

 

周りの方には話していますが、

僕は投資と
ネットワークビジネスが
合体している仕組みは
好きではありません。

 

 

「そもそも投資案件に
 ネットワークビジネスの仕組みを
 取り入れる理由はなんだ?」

 

このように考えています。

※全否定しているわけではありません

 

 

 

そもそも投資って、

 

「利益が出ると見込まれる事業に
 お金を出して配当を得る」

 

というのが基本的な
考え方だと思います。

 

 

何か事業を軌道に乗せるためには、
多額の資金が必要になる場合が
あります。

 

 

工場を作ったり、

システム開発したり、

物件を建てたり、

人を雇ったり。

 

 

事業ってお金が掛かるわけです。

 

 

その事業を発展させるために、
外部からお金を集めて、
集めた金
額に応じて配当を出す。

 

僕の投資に対するイメージって
そういう感じなのです。

 

 

だから投資話がきた時は、

 

「利益が出る仕組みは何なのか?」

 

「その仕組みは本当に利益が出るのか?
 理屈や根拠はあるか?」

 

「話に矛盾はないか?」

 

 

こんな感じの視点で
話を聴いていきます。

 

 

で、話を聴いていくと、
多くの場合はどこかしらに、

「ん?」

と思うところがあるわけです。

 

 

そもそも自分のような小資本の人間に、
優良案件の話がくる確率の方が
圧倒的に低いので仕方がないです。

 

 

 

特に暗号通貨の投資案件は、
最近恐ろしいペースで
出てきています。

 

まさに『暗号通貨戦国時代』ですね。

 

暗号通貨で覇権が取れたら、
新しい金融市場で王になれる
可能性があるわけですから。

 

そりゃ、大企業も必死で
暗号通貨やフィンテックに
参入しますよね。

 

 

フィンテック市場の覇権を取るために
多くの企業がしのぎを削っています。

 

そして、全てではありませんが、
結構な割合でネットワークビジネスの
仕組みがくっ付いています。

 

 

「んー、それってネットワークの
 仕組みにしなくてもよくないか?」

 

と思うことが多いです。

 

 

ネットワークビジネスを
仕組みに取り入れる利点は、

「口コミを活用した拡大性」

だと思います。

 

取り入れることで、
相性の良い事業もあると思います。

 

しかし、暗号通貨のように物がない
サービスでネットワークビジネスの
仕組みを取り入れると、どうなるか?

 

 

 

当然、集めた額の一定割合は
ネットワークビジネスで口コミをした
ビジネスメンバーに吐き出さなければ
いけなくなります。

 

ネットワークへの還元は、集めた額の
50~60%くらいが多いと思います。

 

こういう金融商品の場合、
10~20%くらいが代理店報酬の
相場だと思うのですが、

ネットワークビジネスの仕組みによって
還元の割合がおかしなことになります。

 

 

中には、

ネットワーク報酬60%。

会社への手数料20%。

ユーザーへのメリット20%。

 

こんな仕組みもあります。

 

 

「えっ?」って感じです。

 

 

僕だけじゃなくて、
他にもそう思う方は多いと思います。

 

 

その分、代理店が儲けやすいという
メリットも生まれますので、

ネットワークビジネスで稼ぎたい方は
そういう仕組みに乗っかるのでしょうが。

 

 

はっきり言って、
ユーザーからするとボッタクリの
仕組みに見えてしまいます。

 

「んー、純粋なお客様へのメリットが少ない」

 

 

暗号通貨に投資をするとしても、
集めたお金は、会社がシステム開発や
人件費に費やすのが普通だと思います。

 

お金を集めて、
より良いサービスを作り、
それを世の中に出していく。

 

お金を集めるだけなら、
ネットワークビジネスの
仕組みを取る必要はありません。

 

 

なぜこんなに多くの会社が
ネットワークビジネスの仕組みを
取り入れているのか、

僕はずーっと疑問に思っています。

 

 

そして、その謎は今も解けていません。
誰かにこの疑問を解説してほしいくらいです。

 

 

しかもキャピタルゲインで
利益を得る投資案件って、

どこまでいっても「絶対」
という言葉はありません。

 

 

※キャピタルゲインとは

 

譲渡益、売却益のこと。

例えば、保有している
株式の価値が上昇し、

購入した額よりも
高く売却できたとしたら、

その差額分がキャピタルゲイン。

 

・・・・・・・・

 

キャピタルゲイン狙いの
投資案件は、何かしらの理由で
ポシャるかもしれない。

 

だから、
どこまでいってもギャンブル的な
要素は無くならないはずです。

 

事業投資と同じように、
立ち上がらないかもしれない。

 

出した資金が
ふっ飛ぶかもしれない。

 

 

僕も見込みが高いと思って
投資している暗号通貨はあります。

 

 

でも、

「最悪、投資金額がふっ飛ぶかもしれない」

という覚悟を持っていますよ。

 

 

キャピタル狙いの投資って
そういうものだと思っています。

 

しかもネットワークビジネスの
仕組みが入っていることで、
手元に残るメリットも少ない。

 

本当に価値が、数倍、
数十倍になればいいですが、
その保証をできる人もいない。

 

誰も根拠なんて示せない。
これが現実なはずです。

 

 

 

あと、たまにこういう方がいます。

 

 

話を聴いていると、
物があるネットワークを
下に見る人もいるんですよ。

 

 

「物があるネットワークはもうダメだ」

的な発言です。

 

しかし、ですよ。

 

そんなこと言ってますが、
あなたの広めている仕組みで、
末端のユーザーから損する人が
出るかもしれないのですよ。

 

その仕組みは、本当に
末端ユーザーにも適切な価値が
受け取れるようになっていますかね?

 

 

「あなたは自分だけ儲かればいいのか?」

という方もリアルにいるので。

 

 

ユーザーにも明確なメリットが
ある仕組みじゃないなら、
他社を批判してはいけないでしょう。

 

実際に、物がある
ネットワークビジネスの
メリットもちゃんとあるのですよ。

 

 

例えば、サプリメントや化粧品は、
定期的に無くなる消耗品です。

 

ですから、口コミの「拡大性」と
オートシップやビジネスメンバーの
アフターフォローによって
「リピート率」が高くなること。

 

「拡大性」「リピート率」

 

これらがあることで
会社の売上が安定していきます。

 

リピート率が高い水準で安定すると、
メーカー側も余計な在庫を減らして
コストを圧縮することができます。

 

すると、利益率も高くなるので、
研究開発によってより良い製品を
市場に投下していけます。

 

 

消耗品を扱うネットワークビジネスでは、
このような利点があるので、

ネットワークの仕組みを取り入れると
ユーザー側の利点も多くなります。

 

 

これが物のある
ネットワークビジネスのメリットです。

 

 

物が無いと、単純なマネーゲームに
成り果ててしまう可能性もあるのです。

 

それって、仕組みの中にいると
分かりにくいですが、
本当に怖いことだと思いますよ。

 

 

 

あれ、なんか変な方向に
熱が入ってしまいました。

 

最近、変だなーと思う
投資案件が多いもので。

 

 

大変失礼しました。

 

 

自分もまだまだ勉強不足ですから、
投資の分野をもっと学んでいきたいです。

 

 

このブログを見ているあなたも、
変な投資案件には気をつけて
くださいね。

 

僕が変な案件に引っ掛かったら、
それはブログでシェアします。笑

 

ネットワークビジネスに関して
詳しく知りたい方はこちらの記事を
ご覧ください。

【第一話】実録!ネットワークビジネス体験記

2016.10.20

 

小川が過去に体験した
ネットワークビジネスについて
体験談を交えて詳しく解説しています。

 

 

それでは、また!

 

 


人工知能に奪われない仕事とは?

これから生き残っていくビジネスに共通する最重要ポイントを徹底解説!

なぜ「好きなことで稼ぐこと」が生き残り戦略として正しいと言い切れるのか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です