【第六話】 投資詐欺で2,300万円の損失を出した全貌を赤裸々告白

【前の話】第五話

【第五話】 投資詐欺で2,300万円の損失を出した全貌を赤裸々告白

 

====ここから第六話====

 

 

「寒い…」

 

 

北海道の1月20日。

 

 

夜中の2時。

 

 

一刻も早くKの家に着くために
人通りのない道を駆け足で向かった。

 

 

Kのマンションに着いたとしても、
Kがインターホンのオートロックを
開けるとは限らない。

 

 

もしかしたら、
家から逃げ出しているかもしれない。

 

 

そうなればお手上げだ。

 

 

今は祈ることしかできない。
Kがマンションにいることを。

 

 

そして、最悪の事態が
起きていないことを。

 

 

私はただ祈ることしかできなかった。

 

 

■お金に目がくらんで見えなかったKの本性

 

 

ピンポーン

 

 

息も整わないままKの住んでいる
マンションのインターホンを鳴らした。

 

 

K : …はい。

 

 

Kがインターホンに出た。
家にいる。確かにKは家にいる。

 

 

小川 : 開けて。

 

 

私はたった一言そう言った。

 

 

そして、Kのマンションの
オートロックが解除された。

 

 

ようやくKと直接会うことができる。

 

 

この状況で、Kは最初に
どのような言葉を発するのだろうか。

 

 

Kの部屋のドアの前に着くと、
中から鍵が開けられる音がした。

 

 

そのまま部屋のドアを開けると、
玄関にKが立っていた。

 

 

ドクンッ

 

 

鼓動が高鳴る。

 

 

Kの表情はどこか虚ろで、
放心状態のように見えた。

 

 

言いたいことは腐るほどあるのに、
うまく言葉が出てこない。

 

 

私が口を開こうとした直後、
なんとKはそのまま何も言わずに
部屋の奥へと入っていった。

 

 

あり得ない…

 

 

その行動に怒りが湧いてきた。

 

 

私は急いでKの後を追い、
部屋の中に入った。

 

 

Kは私の存在を無視するかのように
何も言わずに部屋に入って、
イスに座りはじめた。

 

 

そのKの態度を見て
私は怒りを抑えることができなかった。

 

 

小川 : まずはじめに言うことがあるだろうが!!

 

 

私は、イスに座っている
Kの胸ぐらをつかみ怒鳴りつけた。

 

 

K : すみません…

 

 

小川 : お前さ、何考えてんの?今日がどういう日だったか分かってんの?H社長との約束だったんだぞ。

お前も来て事情説明をするはずだったのに、連絡もせずにブッチするってどういう神経してんの?

 

 

K : はい…

 

 

小川 : 「はい」、じゃなくてよ!
一体何考えてんだって聞いてんだよ!

 

 

K : ……

 

 

小川 : お前さ、どう考えても行動がおかしいよ。何か隠してるだろ?

 

 

K : いえ…

 

 

小川 : お前のパソコン持って来て。
そんで銀行の残高と取引履歴を目の前でログインして見せて。今すぐ。

 

 

Kの顔色がさらに険しくなった。

 

 

しかし、
もう隠しきれないと観念したのか、

パソコンを目の前に持って来て、
メインバンクの口座にログインをはじめた。

 

 

見たいけど、見たくない。

 

 

真実を知るのが怖かった。
もう悪い結果しかイメージできない。

 

 

……そして今回の真相が
目の前のパソコンに表示された。

 

 

そこで残高を確認した時、
最悪の事態が起こっていたことを理解した。

 

 

メインバンクの残高が、わずか5万円。

 

 

きっと「目を疑う」というのは、
このような場面に使うのであろう。

 

 

小川 : メインバンクの残高が5万円って、どういうこと?
お客様から預かったお金も入っている口座だよね。
なんでこんなことになってるの?

 

 

K : …

 

 

小川 : 運用に失敗してたんだろ。

 

 

K : ……

 

 

小川 : いいから本当のこと言えよ!

 

 

再び私はKの胸ぐらを掴み、
座っているKを怒鳴りつけた。

 

 

K : はい…

 

 

小川 : いつから?

 

 

K : あの…

 

 

小川 : いや、言わなくてもいいわ。取引履歴見せて。

 

 

Kが取引している
証券会社にログインさせて、
取引履歴を出した。

 

 

目の前でログインをさせているから
もう誤魔化すことはできない。

 

 

これでここまでの経緯が分かる。

 

 

しかしその取引履歴は、
私をさらなる地獄に
突き落とす
恐ろしいものであった。

 

 

KのFXの取引履歴を見ていると、
社債を集め始めた時から、
ずっと負け続けていた。

 

 

そして、8月には
取引自体をしていなかった

 

 

どういうことだ?

 

 

集めたお金がキレイに
無くなっているが、

そもそも2,000万円近くの
プール金があるはずなのに、
それはどこにいったんだ?

 

 

小川 : これって、取引がずっと負け続けてたってことだよね。

 

 

K : はい…

 

 

小川 : だったら8月からFXの取引自体してないの?

 

 

K : はい…

 

 

小川 : だったら、8月以降に社債で集めたお金はどこに消えたの?

 

 

K : 先に社債を購入していた方への利息の支払いにあてました。

 

 

小川 : 毎月俺に見せてくれてた、2,000万円近いプール金は?どこに消えたの?
こんな突然無くなるなんて考えられないんだけど。

 

 

K : ……

 

 

小川 : お前さ、もうここまできて隠せると思ってんの?
時間がもったいないから、嘘つかずに全部話せよ。

 

 

冷静さを失わないように必死だった。

 

 

怒りで理性が飛ばないように、
できる限り淡々と話すようにした。

 

 

K : あの残高証明は僕が作ったものです。
実際には、プール金はありません。

 

 

小川 : えっ?

 

 

 

ボクガ  ツクッタ?

 

 

Kの言葉を理解するのに、
一瞬時間がかかった。

 

 

確かにKはこう言った。

 

 

残高証明を「自分で作った」と。

 

 

小川 : ってことは、あの残高証明はお前が偽造したものってこと?

 

 

K : はい…

 

 

小川 : 最初からプール金なんて存在してなかったの?

 

 

K : はい…

 

 

頭が真っ白になった。

 

 

予想を超える事態に
思考が追いついていかない。

 

 

小川 : お前がずっと勝ち続けているトレーダーっていうのも嘘?

 

 

K : ……

 

 

小川 : お前が俺に見せてた取引履歴も全部嘘か?

 

 

K : ……

 

 

何がどうなっているんだ?

 

 

誰か本当のことを説明してくれ。

 

 

頼むからこの現実を嘘だと言ってくれ。

 

 

Kの取引履歴も嘘。

 

 

勝ち続けているトレーダーというのも嘘。

 

 

銀行の残高証明も嘘。

 

 

利益が順調に出ているのも嘘。

 

 

本当は何一つうまくいっていない。

 

 

利益も出ていない。

 

 

プール金もない。

 

 

お客様から預かった資金も……ない。

 

 

こんな現実、
とても受け止めきれない。

 

 

まさか銀行の残高証明まで
作り変えているとは。

 

 

文書偽造ってことは、
これって詐欺ではないのか。

 

 

小川 : お前、これって詐欺じゃん。
分かってんの?自分が何をしたのか。

 

 

K : はい…

 

 

知らなかったとはいえ、
俺も周りの方達を
詐欺投資に
巻き込んでしまったのか。

 

 

終わったな。

 

 

マジで終わった。

 

 

もう何をどうしたらいいのか
本当に分からない。

 

 

少しの間、私の思考は
完全に停止してしまった。

 

 

■幸せの絶頂からの急転落

 

 

Kから事実を伝えられても、
すぐには考えをまとめることは
できなかった。

 

 

現実を直視できない。

 

 

考えがまとまらない。

 

 

無くなったお金を
どうやって取り戻せばいいんだ?

 

 

2,000万円だぞ。

 

 

普通に生活している
人間からすると大金だ。

 

 

一体、どのツラ下げて
皆さんにお詫びすればいいんだ。

 

 

自分自身のことを考えても、
収入が完全に途絶えている。

 

 

翌日からどうやって
生きていくかも
考えながら、
事態を収拾しなければいけない。

 

 

小川 : まずは、お客様にこの状況を説明しないといけないから、朝一でお客様全員に連絡して、ここに来てもらおう。

 

 

K : はい。

 

 

その時には夜中の4時を回っていた。

 

 

まだ頭の中で整理ができていない。

 

 

Kと音信不通にならないように、
その日はKの家に泊まることにした。

 

 

起こってしまった最悪の事態に、
不安で押し潰されそうになっていた。

 

 

明日が来なければいいと願ってしまった。

 

 

しかし、容赦なく時間は流れていく。

 

 

数時間後には、
お客様全員に連絡をして
事情を説明しなければいけない。

 

 

数日前に銀行口座が
凍結したと言っておいて、

そこから資金が全て
無くなったと伝えることになる。

 

 

 

お客様は12名。

損失額は2,000万円を超えている。

 

 

 

しかも、ほぼ全員が
自分経由のお客様だった。 

 

 

つまり、友人・知人を
巻き込んでしまったのだ。

 

 

あれだけ信頼してくれて、
大切な資金を
任せてくれたのに
申し訳が立たない。

 

 

せめて今だけは、

一瞬だけでもいいから
現実逃避をさせてください。

 

 

そう願い、私は短い眠りについた。

 

 

次の日から押し寄せてくる
激動の数ヶ月に、私は容赦なく
のみ込まれていくのである。

 

 

・・・

 

・・・

 

 

第七話に続く

【第七話目】 投資詐欺で2,300万円の損失を出した全貌を赤裸々告白

 

 


人工知能に奪われない仕事とは?

これから生き残っていくビジネスに共通する最重要ポイントを徹底解説!

なぜ「好きなことで稼ぐこと」が生き残り戦略として正しいと言い切れるのか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です