【第三話】 投資詐欺で2,300万円の損失を出した全貌を赤裸々告白

 

▼【前の話】第二話

【第二話】 投資詐欺で2,300万円の損失を出した全貌を赤裸々告白

 

==== ここから第三話 ====

 

■社債説明会後の戦略とは

 

 

 個別社債説明会でも、宣言通り
クロージングは行わなかった。

 

 

その代わりに次の戦略として、
“トレードの現場見学”を提案した。

 

 

「もし社債に興味をお持ち頂けたなら、Kの自宅兼オフィスに来て頂きたい。
実際にどのようにトレードが行われているか現場をご確認頂ければ、より具体的に社債購入後のイメージも湧いてくると思います」

 

 

このように話を締めくくった。

 

 

つまり、社債購入までに
もうワンクッション工程を
挟んだのである。

 

 

傍から見ると非常に面倒で遠回りに
感じてしまう仕組みかもしれない。

 

 

しかし、この自宅兼オフィスを
見学して頂くことには
大きく2つの意味合いがあった。

 

 

1つはトレードしている
現場を確認することで

どこで利益が生み出されているか
具体的に知ることができる。

 

それによって信用度を
アップさせることができると考えた。

 

 

 

“投資”という言葉で
一括りにしてしまうと
分かりにくいのかもしれないが、

投資というのは

「利益が出ると見込まれるものに対してお金を出す」

というのが本質である。

 

 

 

金融商品は
この原則に則っていなければ、
そもそも前提として成り立たない。

 

 

利益が出るからリターンがある。
これは投資の大原則である。

 

 

しかし一般的な金融商品は、
具体的に「どこで」利益が生み出されて
分配が行われるか見えにくい。

 

 

 

例えば、
アフリカのダイヤモンドが採掘される
鉱山に投資をすると仮定しよう。

 

 

その場合、証券会社や銀行が
金融商品を作り利益分配する仕組みを作る。

 

 

しかし、日本にいたら
本当にダイヤモンドが採掘される鉱山が
存在しているのか確認するのは難しい。

 

 

鉱山があったとしても、
本当にダイヤモンドが
採掘される鉱山なのか?

 

 

ダイヤモンドが採掘されるとしても
きちんとした流通網があり、
利益が生み出される環境が整っているのか?

 

 

そして現場を仕切っている
経営者は有能なのか?

 

 

従業員が長く働いていくための
環境が整備されており、
長く収益が生み出される状態なのか?

 

 

年間どれくらいの
利益が出るものなのか?

 

 

エンドユーザーが金融商品を
購入するまでに、何社が
中間マージンで利益を抜いているのか?

 

 

はっきり言って、
これらを全て調べるのは困難である。

 

 

 

全体像を掴むことができないし、
分かりにくいのである。

 

 

よく分からない金融商品を、

よく分からないまま営業マンの
セールストークに乗せられて、

よく分からないうちに購入してしまう。

 

 

自分達から
社債を購入してくださる方には、
そのような状況は避けて頂きたかった。

 

 

Kの社債は利益を生み出している
現場は一目瞭然である。

 

 

Kの自宅兼オフィスで、
トレードをしている現場を
見てもらえば、目の前で利益が
生み出されているのが分かる。

 

 

「あなたにお支払いする利息は、
 ここから生み出された利益で
 お支払いをしているのですよ」

 

と明確に伝えることができるのである。

 

 

Kの社債に関しては、
できる限り透明性を持たせて
お客様に安心感を与えたかった。

 

 

 

2つ目は、
もしKの運用が失敗したとしても、
自宅兼オフィスを知っていれば
Kの身柄を確保しやすい。

 

 

Kの家を知っているということも
お客様の安心に繋がる。

 

 

こうして徹底的に安心感と
信用度を高めることに努めた。

 

 

冷静に考えれば、大手証券会社と

「どこの馬の骨とも分からない若造二人」を

比べられたら、完全に信用負けしてしまう。

 

 

こちらは大手がやらない戦略で
信用を勝ち得ていくしかない。

 

 

さらに個別社債説明会では、
私はこのようにも付け加えた。

 

 

「もしここで社債を購入したいと思ってもここでは決めないで頂きたいです。
社債はKの自宅兼オフィスを見学に来て頂いて、ご納得頂けた場合のみ社債を販売いたします」

 

 

かなり上から目線だが、
私は双方の納得感を大事にしたかった。

 

 

この事業は、一人のお客様と
長く付き合っていくことになる。

 

 

基本的に売りっぱなし
ということはあり得ない。

 

 

そのため

「長期的な付き合いができるお客様なのか?」

というところも
すり合わせるために、

購入までの接触回数を
意図的に増やしたのである。

 

 

 

当然、社債説明会の時に購入したい
という方もいらっしゃったが、
その方にもKの自宅兼オフィスに
見学に来て頂いた。

 

 

「急がば回れ」

 

 

早く売りたい衝動を抑えて、
お客様のために誠実に着実に
事業を行うように徹底していったのである。

 

 

■Kの自宅兼オフィスへの見学

 

 
Kの自宅兼オフィス見学は
若干の不安はあったものの
予想以上の成果をもたらした。

 

 

Kの自宅には
パソコンのモニターが4台あり、

よくテレビに出てくる
トレーダーの部屋と
同じような光景であった。

 

 

モニターにはFXトレードの
チャートが映し出されており、
否応なしにトレードに対する
現実味が増していく空間だった。

 

 

人は「よく分からないもの」に対して
過剰に恐れの感情を抱く生き物だ。

 

 

特に投資初心者は分からないことが
多いため、必然的に恐怖の感情が
先行してしまう傾向にある。

 

 

 

Kのマンションは
決してキレイなところではなかったが、

取引現場を見てもらったことは、
社債購入者に大きな安心感を
与えたのだと思う。

 

 

トレードをしている現場を見て頂いてから、

「どうされますか?」と尋ねると、

かなりの割合で「購入する」と返答してくれた。

 

 

 

あくまでも最終決定はお客様からで、
こちらは背中を押す程度。

 

 

プレッシャーをかけたり
売り込みオーラを出さない。

 

 

最初から徹底したことは
間違いではなかったと思った。

 

 

 

これで
「何をどれくらいやれば社債が売れるか」を
具体的に知ることができた。

 

 

この気づきは本当に大きかった。

 

 

後は、今までの一連の流れを
繰り返していき、精度を上げていけば
着実に成果が出ることになる。

 

 

私のモチベーションはより一層上がり、
Kとの事業にさらに力を入れていった。 

 

 

■実際にどれだけ社債は売れたのか

 

ここまでの話を読んで頂いた方の中には、
実際にどの程度社債が売れたのか
気になる方も多いと思う。

 

 

前回同様この記事を
ご覧頂いている方には、
できる限り事実を述べていこう。

 

 

もちろん個人情報やどうしても
出せない内容もあるのだが、

実際に私がどのような数字を
出してきたのか語っていきたい。

 

 

セミナーに集客して社債購入に至るまで
どれくらいの成約率があったのか
数字を出してみた。

 

 

仮にセミナーに10人集客したとしよう。

 

 

その中の約40%、
つまり4人が社債説明会への
参加を希望してくれた。

 

 

そして、さらにその中の約50%が、
Kの自宅兼オフィスに見学に来てくれた。

 

 

自宅兼オフィスに来てくれた場合は、
80~90%の成約率で社債を購入してくださった。

 

 

‐投資セミナー ⇒ 個別社債説明会(40%)

‐個別社債説明会 ⇒ 自宅兼オフィス見学(50%)

‐自宅兼オフィス見学 ⇒ 社債購入(80%)

 

 

セミナー動員から社債購入までの
成約率は15~18%くらいであった。

 

 

つまり、セミナーに10人集客すると
1~2人は社債を購入してくれることが分かった。

 

 

数字が見えたら話は早い。

 

あとは、これを繰り返すだけだ。 

 

 

■突然のブレイクスルー

 

ビジネス活動を
はじめて半年が経過した頃から
成果に大きな変化が出始めた。

 

 

今までは月に1~2回セミナーや
ランチ会を開催して、売れていた社債は
毎月50万円~100万円ほどだった。

 

 

しかし、急速に社債の販売額が
増えてきたのである。

 

 

その要因になったのが、
既存のお客様の追加購入と
口コミによる紹介だった。

 

 

今までコツコツと運用を
続けていたことが認められて、

「こいつらなら信用できる」と

思って頂けたのだと思う。

 

 

既存のお客様が追加で社債を
購入してくださるようになった。

 

 

真面目にやってきたことが
認められたようで
本当に嬉しい気持ちになった。

 

 

追加の購入だけではなく、
既存のお客様から口コミによる
紹介も頂けるようになった。

 

 

今までの営業活動で一度も
強引なクロージングをしてこなかったため、
これなら安心して周りの友人、知人を
紹介できると思って頂けたのだ。

 

 

事業立ち上げ当初から
貫いてきたスタンスは、
やはり間違っていなかったと思った。

 

 

時間が掛かるやり方だったが、
長期的に考えたら一番効果的な
方法だったと確信できた。

 

 

一気に数百万円単位のお金が動き始め、
社債の購入額も一千万円を超え始めた。

 

 

ここからKとの投資事業は、
急速に拡大していくことになるのである。

 

 

■増え続ける粗利!成功を確信!

 

さらに見込みとなるお客様も増え続け、
すぐに二千万円も超える勢いであった。

 

 

これが噂に聞く

「ブレイクスルー」というやつか!

と感激したものだ。

 

 

 

おそらく自転車の乗り方を
覚える時と同じで、

一度感覚を掴んでしまってからは、
社債を購入して頂くのも一気に
簡単に思えるようになっていった。

 

 

 

案の定、翌月には運用額も
二千万円目前まで迫り、
急速に事業規模が大きくなっていた。

 

 

Kの運用成績も若干の波は
あるものの、平均すると
15%以上の月利をキープしていた。

 

 

事業が右肩上がりで
成長しているのを実感した。

 

 

最初数万円だった報酬も、
これから毎月コンスタントに
50万円以上の収益が見込める状況になった。

 

 

今まで沢山の失敗を経験してきたが、
ここにきてようやく実を結んだのだ。

 

 

半年間収益が低くて
金銭的に苦しかったが、
それも今月で終わりだ。

 

 

来月のコミッションからは
月に40万円以上。

 

 

その翌月は50万円以上の
コミッションが確定している。

 

 

しかも社債の購入も
右肩上がりで伸びている。

 

 

このままのペースでいくと、
数ヶ月後には上限の4,950万円に
達してしまうのではないか?

 

 

嬉しい悲鳴とはこのことだ。

 

早急に次の戦略も考えなければいけない。

 

 

ビジネス活動自体が
楽しくて仕方がなかった。

 

 

それが2014年12月のことである。

 

 

貧乏な年末も今年が最後だなと
感慨深くなった。

 

 

来年からは、今よりも
広い家に引っ越して、

行きたかったところに
旅行でも行こう。

 

 

これで買いたい物も
揃えることができるな。

 

 

拡大していく事業に、
期待に胸は膨らむばかりだ。

 

 

有頂天になるとは、
まさにこの事なのだろう。

 

 

来年は1億円以上の運用ができる
ビジネスになっているかもしれない。

 

 

そうなると、
自分の月収も300万円以上になる。

 

 

大成功とは言えなくても、
プチ成功者の仲間入りはできるだろう。

 

 

半年間コツコツと
積み上げてきたものが
身を結んだのだ。

 

 

ここからさらに飛躍していく
イメージもできていた。

 

 

まだまだ課題はあるが、
これは数億円規模の事業に
なると思った。

 

 

社債が集まって顧客が増えても、
Kが運用する手間は
さほど大きくはならない。

 

 

社債を購入してくれた方の
コミッション管理やアフターフォローの
ために事務が1人必要になるが、
基本的に人手が必要な事業ではない。

 

 

固定費を抑えつつ、
事業拡大が容易に行える。

 

 

これは他のビジネスモデルでは
考えられないことだ。

 

 

普通利益をアップさせるためには、
人を雇ったり、在庫を抱えたり、
新規店舗を出したり、リスクも
右肩上がりで大きくなっていく。

 

 

今回の事業では、
そういったことがない。

 

 

投資できちんとした
ビジネスモデルを構築できると、
これほどまでに凄まじいことになるのか。

 

 

 

その時の私は、
今までの苦労が報われて
束の間の達成感に酔いしれていた。

 

 

そして、ここまで資金が
集まる仕組みを作れた自分に、
誇らしさを感じていた。

 

 

今まで諦めずに頑張ってきて良かった。

 

 

心からそう思った。

 

 

しかし、その喜びも長くは続かなかった。

 

 

ここからKの言動に、
少しずつ綻びが出始めたのである。

 

 

■街に待った報酬受け取り日のはずが…

 

待ちに待った
1月の報酬受取日がやってきた。

 

 

本当に長かった。

 

 

先月受け取った報酬は
十数万円だったから、
なかなか厳しい生活を強いられていた。

 

 

しかし苦しい年末を越えて、
希望に満ち溢れた一年が
始まったように感じていた。

 

 

今月は40万円以上の報酬を
受け取れることになっていたし、

翌月は50万円以上の
報酬になる予定だった。

 

 

しかも右肩上がりで
報酬は上がっていく。

 

 

しばらくお金の心配を
しなくても済むだろう。

 

 

通帳をバッグに入れて、
意気揚々と家を出て銀行に向かった。

 

 

はやる気持ちを抑え、
キャッシュカードをATMに
入れてお金を引き出そうとした。

 

 

すると…

 

 

 

あれ?

 

 

 

…銀行残高が昨日と変わっていない。

 

 

 

ん?おかしいな。

 

 

すぐに通帳にも記帳したが、
やはり昨日と残高が変わっていない。

 

 

どういうことだ??

 

 

今までKは支払関係で
遅れたことは一度もない。

 

 

何か手違いがあったのかと思い、
すぐにKに連絡を入れた。

 

 

K : えっ、振込みは実施しましたよ。

 

 

小川 : いや、入っていないよ。もう一度確認して。

 

 

Kは振込みをしたと言っているが、
実際にはそれが反映されていない。

 

 

どういう状況になっているか
すぐに確認するように伝えた。

 

 

そして、お客様への利息も
確実に支払われているのか、
念のために確認するように伝えた。

 

 

しばらくしてKから連絡があった。

 

 

K:こちらでは送金の手続きはしています。入金はありませんか? 

 

 

再度通帳を記帳するが、
残高に変化はない。

 

 

銀行の窓口にも確認したが、
やはり送金された履歴は
ないとのことである。

 

 

おかしい。
送金されたら普通は入金される。

 

 

考えられるのは、
Kが送っていないか、
送金元の残高が足りないか。

 

 

 

どちらかしか思いつかない。

 

 

こちらとしても半年間割いて、
ようやく大きく成果が出始めたのだ。

 

 

ここで報酬が受け取れないなんて
冗談にもならない。

 

 

この状況に違和感を覚えたので、
すぐにKと会うことにした。

 

 

とにかく早急に事態を改善しなければ。

 

 

当時は蓄えも
ほとんど無くなっていたので、
事態はひっ迫していた。

 

 

早く何とかしなければ!と
気持ちばかりが焦っていた。

 

 

■焦る気持ち。繋がらない電話。

 

それから報酬の入金の件で
Kに会おうと連絡をしたが、
Kとの連絡が一向につかない。

 

 

電話もLINEも返答がない状態が続いた。

 

 

マジかよ!

 

一体どうなっているんだ?

 

 

焦る気持ちを抑えて、
Kに何度も着信を入れた。

 

 

しかし、想いも虚しく
コール音だけが鳴り響き、
Kに電話は繋がらなかった。

 

 

さらに良くないことに、
数日後には年明け最初の
「投資ランチ会」を予定していた。

 

 

投資に興味がある人を集め、
食事をしながらKが参加者の
相談に乗るというイベントだ。

 

 

つまりKがいなければ
成り立たない企画である。

 

 

ここまで社債の購入を
増やすことができたのは、
投資セミナーと投資ランチ会の
二本柱がうまく機能してきたからだ。

 

 

しかしこのまま連絡がつかなければ、
投資ランチ会の開催自体が危ぶまれる。

 

 

 

くそっ!ふざけんな!

 

 

一体何がどうなってるんだよ!

 

 

いきなり音信不通とかあり得ないだろ!

 

 

電話に出ろよ!!

 

 

 

願いも虚しく、その日Kと
電話が繋がることはなかった。

 

 

 ・・・

 

 ・・・

  

第四話に続く

【第四話】 投資詐欺で2,300万円の損失を出した全貌を赤裸々告白

 

 


好きなことで生きていくためには…

近い将来、人工知能が人間の仕事の大部分を奪っていくでしょう。ではなぜ「好きなことで稼ぐこと」が生き残り戦略として正しいと言い切れるのか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です