【第一話】実録!ネットワークビジネス体験記

 

※全15話の連載になります。

 

 

我ながら思い切った記事を
書こうと思ったものです。

 

 

今回のテーマは、

『ネットワークビジネス』

についてです。

 

 

誤解の無いように始めに
お伝えしたいのですが、

現在私はネットワークビジネスを
仕事として取り組んではいません。

 

 

過去の名残りで愛用者に
なっている会社はありますが、
ビジネス活動は一切行っていません。

 

 

何か特定の会社を推薦したり、
勧誘目的で書いている
ものではございませんので、
予めご承知置きお願い致します。

 

 

私自身、ネットワークビジネスには
かなりの年月関わってきました。

 

 

現在も愛用者としてですが、
数社の製品を購入しています。

 

 

そんな中で、色々な経験や
気付きを得ることができました。

 

 

一般的な視点から見た
ネットワークビジネスの常識と、

中にいる人から見る常識は
かなり違いがあります。

 

 

外から見たイメージと、
実際の現場でやっている
事実とのズレは、

どの業界にもあると思いますが、

ネットワークビジネスでは
それが特に顕著に表れています。

 

 

雑誌

「ネットワークビジネス 2015年 10月号」

によると、2014年の時点で
ディストリビューター登録を
しているのは「3,314,000人」です。

 

 

愛用者やビジネスをやっている方から
直接製品を買っている人を含めると、

何らかの形でネットワークビジネスに
関わっている方は、日本全体で
「約800万人」と言われています。

 

 

日本の人口を1億2,000万人とすると、
大体6~7%の割合ということになります。

 

 

しかし、

相当な方が関わっているにも拘らず、
なかなか
誤解の解けない不思議な
業界でもあります。

 

 

それはなぜなのか?

 

そして、一般の方とビジネスで
関わっている方の認識のズレとは
どのようなものなのか?

 

 

私は過去4社、
ネットワークビジネスの会社に
所属してビジネスをしていました。

 

 

24歳から30歳までやっていたので、
キャリアとしては5~6年はあります。

 

 

その間、ビジネスで関わってきた
会社は4社です。

 

 

1社目:業界最大手A社

2社目:新興勢力M社

3社目:コスパ最強のM社

4社目:国産ネットワーク最大手F社

 

 

このような流れで
会社を移ってきました。

 

 

その時々で、
私がどのようなことを
考えていたのか?

 

 

そして、実際に体験して
どのような気づきがあったのか?

 

 

今回の連載では、
過去4社の体験談と気づきを
私なりの視点をまとめましたので、
参考になれば嬉しい限りです。

 

 

==== 本編 ====

 

■自分に自信をつけて人間力を高めたい

 

「俺は絶対にやらない」

 

 

それがこのビジネスへの
率直な印象だった。

 

 

“このビジネス”

 

 

学生の頃だった。

 

 

僕の元に
“ネットワークビジネス”の
話が初めてやってきたのは。

 

 

通常は社会人になってから
話がくることが多いから、
早い時期に話がきたと思う。

 

 

当時、

“ネットワークビジネス”

という言葉を聞いても、
何のことかさっぱり
分からなかった。

 

 

しかし、知人経由から
「怪しいビジネス」と
聞いたことがあったので、

どんなビジネスか
詳しく知らないのに、
悪い印象だけは持っていた。

 

 

「怪しいビジネスなんてやりたくない」

 

 

今振り返ると、当時の僕は
先入観で物事を決めつける
頭の固いやつだったのかも
しれない。

 

 

そんな僕の元に、
ネットワークビジネスの話が、
友達を介してやってきた。

 

 

しかし、意外なことに、
最初はビジネスの話ではなく
健康とサプリメントの情報として
僕の耳に入ることになった。

 

 

当時の僕は(今もだが)、
虚弱体質で風邪を引きやすく、
疲れがたまるとすぐに寝込んで
しまうタイプであった。

 

 

身体が弱いのがコンプレックスで、
何とかしたいと強く思っていた。

 

 

そんな時に、ネットワークビジネス
最大手A社のサプリメントの情報を
聞くことになるのだった。

 

 

 

ネットワークビジネスに
微塵も興味のない僕は、

サプリメントだけを買う
愛用者として登録することになった。

 

 

 

あくまでも愛用者。
それ以上でもそれ以下でもない。

 

どんなに良いサプリメントでも
それをビジネスにするつもりは
さらさらなかったのである。

 

 

そもそもA社のビジネスは
学生では取り組むことは
できない規約になっている。

 

 

全然興味もないし、
ちょうど良かった。

 

 

それにしても学生の身分では、
一ヶ月分1万円近くする
サプリメントはちょっと痛かった。

 

 

しかし、これで健康になれるなら、
背に腹は代えられない。

 

 

ひとまず半年は、
毎日飲み続けようと思った。

 

 

A社のサプリは粒が大きめで、
ニオイも独特なものがあった。

 

 

正直、飲みやすいとは言い難い。

 

 

粒の大きさは、
さほど気にならなかったが、
ニオイが嫌いであった。

 

 

「これも健康のため」

と言い聞かせて
毎日サプリを飲み続けた。

 

 

しかし、大学の卒業目前で、
ある事件が発生した。

 

 

当時働いていた会社の
「給料の未払い事件」である。

 

 

当時働いていた会社は、
インターネットビジネスを
主軸にしているベンチャー会社で、

卒業したらその会社で
働き続けようと思っていた。

 

 

 

ベンチャー企業に夢を描いて
全力で頑張ったものの、

業績は思うように
伸びなかったのである。

 

 

資金繰りが苦しいのは
会社の空気感で感じてはいたが、

それでも給料が未払いになる
なんて思ってもいなかった。

 

 

このまま会社が潰れたら、
大学卒業直後で「プー太郎」だ。

 

 

給料が未払いになり、
僕や他のスタッフは
会社に残るか去るかの
選択を迫られることになった。

 

 

迷った挙句、僕は会社を
去ることを決断した。

 

 

 

そして、会社を去る際、

「未払い分の給料を払ってほしい」

と社長に伝えたが、
結局支払われることはなかった。

 

 

最後は、ドラマに出てくる
チンピラのような対応で
本当にビックリしたものだ。

 

 

一緒に働いていた同僚が
司法書士にお願いして

未払い分の給料を
払ってくれるように
書類を作ってきてくれた。

 

 

その書類を見て、

「用件はこれだけ?

 はい、それではお帰りください」

という対応であった。

 

 

人間、窮地に追い込まれると
本性が見えると言うが、
その通りだと思った。

 

 

1年間あんなに頑張ってきたのに、
まさかこんな形で終わりを
迎えるとは…

 

 

こうして僕は、
大学卒業して間もなく、
「プー太郎」の肩書を
手に入れることになった。

 

 

この一連の話で
何が言いたかったかと言うと、

 

「当時の僕はめちゃくちゃ
 落ち込んでいて、

 そんな大変な時期に、
 ネットワークビジネスの話を
 聞くことになった」

 

ということを伝えたかったのだ。

 

 

前置きが長くなってしまい失礼した。

 

 

人生というのは不思議なもので、
変化は畳み掛けるようにやってくる。

 

 

こうして大学卒業して
間もない2009年4月に、

ネットワークビジネスの話が
僕の元にやってきた。

 

 

 

A社のビジネスを
やっていた友人の友人が、

僕に初めて
ネットワークビジネスの
話を持ってきたのだった。

 

 

 

僕の人生は大学卒業を境に、
急激な変化に巻き込まれて
いくことになるのである。

 

 

・・・

 

・・・

 

第二話につづく

【第二話】実録!ネットワークビジネス体験記

 


好きなことで生きていくためには…

近い将来、人工知能が人間の仕事の大部分を奪っていくでしょう。ではなぜ「好きなことで稼ぐこと」が生き残り戦略として正しいと言い切れるのか?


1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です