結局、縁ある人とは再び出会えるのだと感じた瞬間

 

オガワです。

 

つい先日、嬉しい再会がありました。

 

僕は学生の頃、あるビジネス塾に
通っていたのですが、

その時の後輩と
再会することができたのです。

 

 

僕は仕事柄、日中はカフェを
転々としてることが多いです。

 

 

その中でも週4日は行ってる
行きつけのカフェがあるのですが、
そのカフェでよく顔を合わせる
20代の男性がいました。

 

 
「ん?どこかで見たことがあるな」

 

見た瞬間に、

 

「あっ、学生時代のビジネス塾に
 参加していた人に似ている」

 

そう思いました。

 

 

でも、名前なんだっけ?

 

imgres

 

んー、微妙に思い出せない。
確かK君だったはず。

 

 

僕がそのビジネス塾と
関わっていたのは約9年も
前の話です。

 

 

関わっていた期間も
3ヶ月ほどでしたし、

他人の空似という
可能性もあります。

 

 

毎日何かの
勉強しているようだし、
なんか声をかけづらい。

 

そう思いながら、
数ヶ月間は放置していたんですね。

 

 

そして時は流れ…

 

 

つい先日、友人経営者と
ダーツバーに行った時のことです。

 

何やら見覚えのある姿が
目に飛び込んできました。

 

 

「あっ、いつものカフェにいる男性だ」

 

 

学生時代に同じビジネス塾に
通っていたかもしれない男性が、
友人とダーツを楽しんでいました。

 

 

なんと僕達がダーツをする
すぐ隣でダーツをしていました。

 

とは言っても、
声をかけるきっかけもない。

 

事態は平行線のまま
僕はダーツを楽しみました。

 

 

 

すると、

隣の人が投げたダーツの矢が
マトから弾かれてこちら側に
飛んできました。

 

たまたま近くにいた僕が
矢を拾いました。

 

 

「もうこれは声をかけるしかないな」

 

 

僕の中で、
謎の決心が固まりました。
そして、矢を渡す時に、

 

「いつも●●カフェに
 いらっしゃっていますよね」

 

と声をかけたのです。

 

 

「あっ、やっぱりそうでしたか」
どうやら相手も気づいている様子。

 

 

そのままの勢いで、

 

「もしかしてK君ですか?」

 

 

「えっ?」

 

 

「学生の頃Y社長のビジネス塾に
 通っていませんでした?」

 

 

「あっ、はい」

 

 

やっぱりそうだ。
間違いない。

 

うろ覚えの名前を言ったけど
どうやら当たったようだ。

 

「僕も同じビジネス塾に
 通っていたんですけど、
 覚えてません?」

 

 

「僕もそうじゃないかと
 思っていたんです」

 

 

なんと!向こうも覚えている!
これは嬉しいなー。

 

 

そしてオガワは、
とてもハッピーな気持ちに
なったのでした。

 

 

チャンチャン。

 

 

おしまい。

 

 

 

 

なんてやったら、ブーイングが
起こりそうですね。苦笑

 

 

いや、でも毎回オチがあるとは
限らないですからね。

 

 

一応、後日談として、
行きつけのカフェに行った時、

改めてK君と話をすることが
できました。

 

今は税理士を目指して、
毎日勉強中とのこと。

 

頑張っているなー。

 

 
昔の知人と改めてご縁を
頂けるのは、嬉しいものですね。

 

結局、縁のある人とは、
再び出会えるものなのだと
感じた瞬間でもありました。

 

 

 
それにしても、
学生のビジネス塾から
9年以上も経っているのか。

 

本当に早いな。

 

こうした変化を見ていると、
なんか不思議な気持ちになりますね。

 

物事は常に変化しているし、
一定に留まるというのは
あり得ないことです。

 

 

 

でも、さすがに今の自分と
9年前の自分を比べると
随分成長したと思います。

 

 

これから自分の叶えたい
未来を手に入れるために、
もっと成長したいですね。

 

 

9年後と言わずに、
3ヶ月スパンくらいで
成長を実感できるように、

目の前のチャレンジに
没頭していきます。

 

 

 

沢山の成長痛を経験することに
なると思いますが。苦笑

 

 

ひとまず、
目の前の原稿執筆の依頼を
きっちりと完遂させます。

 

 

 

それでは、また!

 

 


好きなことで生きていくためには…

近い将来、人工知能が人間の仕事の大部分を奪っていくでしょう。ではなぜ「好きなことで稼ぐこと」が生き残り戦略として正しいと言い切れるのか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です