このお店にはもう来たくないと感じてしまった瞬間

 

オガワです。

 

 

昨日、いつもお世話になっている
事業家の方とデザイン会社の
社長とプロジェクトの打ち上げに
行ってきました。

 

 

普段は行かないような
高級焼き肉をご馳走に…

 

img_3976

 

昨日は本当に
ありがとうございました。

 

 

良くして頂いてばかりです。

 

 

誰と仕事をするかが
本当に大切ですね。

 

 

最近はつくづく感じます。
少しずつではありますが、
着実に進みたい方向には
進んでいる手応えはあります。

 

 

ただ僕の場合はチームで
プロモーションを組むことが多いので、

人の力を借りて目標とする
成果を目指すことになります。

 

 

ビジネスや友人関係においても
相手方への配慮は欠かすことが
できません。

 

 

特に僕は配慮が
足りないことが多いので。

 

 

本当に気をつけたいなと
思うわけです。

 

そして昨日は、
かなりインパクトのある
珍事件が発生しました。

 

 

 

打ち上げをしていた
高級役肉店での出来事です。

 

 

打ち上げのメンバーは、
僕を含めて3人。

 

 

席は掘りごたつで、
4人までが座れるように
なっていました。

 

 

奥の上座に1人、
手前の下座に2人が
座るようにお箸などが
セットされていました。

 

 

それを見て、僕は
下座の入口側の席に
座りました。

 

席配置

 

「確かここに座るのがマナーなはず」

と思って座ったまでは
良かったんです。

 

 

しかし、店員さんが
何を思ったのか普通では
やらないような対応を
してしまいます。

 

 

僕の座ってる場所って、
隣の席に行くための
動線近くだったんですね。

 

 

動線の図

 

カバンも置いていたので、
スタッフの方にとっては
結構邪魔くさい位置に
座っていたのだと思います。

 

 

すると店員さんが、

「すみませんが、上座に
ズレて頂くことはできますか?」

と言ってきたのです。

 

 

えっ、マジ!?

 

 

店員さんに言われるまま
僕は席を移動しました。

 

 

でも冷静に考えると、
普通こんな対応は
あり得ないですよね。

 

 

確かに僕が座ることで
仕事がやりにくくなるのは
分かります。

 

 

しかし、ですよ。

 

 

今回は、何回も会っている
方達との打ち上げだったので、
大きな問題にはなりませんでしたが、

これが初めて会う方との
ガチの商談だったら…?

 

 

僕と隣に座っている人は、
同じ会社の人間である可能性が
非常に高い状況ですよね。

 

その状況で、
お客様側に席を移動したら
商談どころの話では
無くなってしまうでしょう。

 

あー、なんか残念な対応だな。

 

 

店員さんも悪気が無いのは
分かりますし、仕事を
スムーズにしたいという
気持ちも理解できます。

 

 

そうなのですが…

 

 

今回は一ヶ月半頑張った
プロモーションの打ち上げです。

 

目標としている成果を
達成できたので、

皆で楽しくご飯を食べようと
今回の打ち上げを楽しみに
していたのです。

 

 

これが客単価3,000~4,000円の
お店だったら、

「仕方ないかな」

と思うのかもしれません。

 

しかし、これが
客単価20,000円のお店だと
話が変わってきます。

 

 

それだけのお金を出すのは、
料理の味以外の価値を
求めているからです。

 

 

プロジェクトメンバーとの
楽しい交流。

 

普段は行かないお店で
感じる優雅なひと時。

 

 

その時間を共有することで、
プロジェクトメンバーの
親睦を深めたい。

 

そう思っていたからこそ、
店員さんの対応に
ガッカリ感を感じずには
いられませんでした。

 

 

こういう場面に
出くわしたからこそ、
次に活かしたいですね。

 

自分は相手の

求めていること」を

正しく理解して、
より良い人間関係を
築いていきたいと感じました。

 

 

何事も上辺だけでは、
いけませんな、ほんとに。

 

 

また良い気づきをもらえた
出来事なのでした。

 

 

それでは、また!

 

 


人工知能に奪われない仕事とは?

これから生き残っていくビジネスに共通する最重要ポイントを徹底解説!

なぜ「好きなことで稼ぐこと」が生き残り戦略として正しいと言い切れるのか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です