この人から買って良かったと思った瞬間

 

オガワです。

 

昨日、あるメーカーの化粧品を返品しました。
※僕が使っていたわけではないです

 

知人が代理店をやっていたので、
協力できればいいなという気持ちもあり、
化粧品を数品購入したのです。

 

化粧品を試した結果、
肌に合わなかったので
返品することを決めました。

 

 

化粧品に同梱されていた書類にも、

‐30日以内で未開封時は全額返金

‐30日以内でも開封している場合は、
  最大90%まで返金

このように書かれていました。

 

まぁ、仕方がないです。

 

使用していて全額返金をしてくれる
メーカーの方が珍しいですから。

 

 

返品用の書類は、
化粧品と一緒に送られてきていたので、
返品自体はすぐにできる状況でした。

 

でも、せっかくご紹介頂いた化粧品を
黙って返品するのは相当微妙ですよね。

 

 

紹介者に連絡をして、

「申し訳ないですが、返品させて頂きます」

と伝えました。

 

illustration

 

すると、

「分かりました。でしたら、私が
 代わりに返品しておきますので、
 取りに伺っても宜しいですか?」

と、お気遣いを頂きました。

 

有り難い。

 

僕はお言葉に甘えて、
紹介者に返品を
お願いすることにしました。

 

 

僕は日中カフェを転々としながら
作業していることが多いので、
紹介者には僕がいるカフェまで
化粧品を取りに来て頂きました。

 

すると、

「代金ここで返しちゃいますね」

 

「えっ!?」

 

一体どういうことだろう。
ここで返金するって。

 

 

クレジット決済をしているから、
普通はクレジット会社経由で
返金されるはずである。

 

しかし、紹介者は
僕の横で何やら計算を始めている。

 

?????

 

僕の頭の中は、
はてなマークでいっぱいである。

 

 

そしてなんと、
返品する化粧品の代金を
『全額返金』してくださったのだ。

 

な、なんだと…

 

確かに僕としては
ラッキー以外の何物でもないのだが、
これは明らかにおかしい。

 

 

この一連の対応に、
さすがの僕もピンときました。

 

メーカーに返品するのではなく、
代理店として製品を買い取って
くれているわけか。

 

同梱されていた書類には、
開封されていたら最大90%の
返金と書いてありました。

 

これは間違いありません。

 

ということは、

製品代を全額返すというのは、
メーカー保証を超えた対応です。

 

つまり、紹介者が代理店として
誠意ある対応をしてくれたことに
他なりません。

 

 

なんて良い人なんだ。

 

 

化粧品は、肌に

「合う」

「合わない」

という個人差が
どうしても出てきます。

 

肌のPH値の関係もあるから、
これは仕方がないことです。

 

そんな時、消費者は

「返品したい」

という気持ちが出てきます。

 

これも仕方がないことです。

 

そんな時、どのような対応を
してくれたかで、そのメーカーに
対する印象がガラリと変わります。

 

言うまでもありませんが、
今回のような誠意ある対応を
してくれたことは、僕にとって
とても好印象でした。

 

「この人なら今後も協力したい」

と思う対応でした。

 

 

 

でも、逆の立場になって考えた時、
僕もこのように誠実な対応が
できているだろうか?

 

現代は、物も情報も
溢れ返っている時代です。

 

だからこそ、

「この人から買い続けたい」

と思われなければ、
価格競争に巻き込まれて
疲弊していくことになります。

 

そして、

「この人から買い続けたい」

と思ってもらうためには、
質の高いアフターフォローが
必須と言っていいでしょう。

 

 

自分ごとに置き換えて、
改めてアフターフォローの
重要性を思い知った日なのでした。

 

売りっぱなしはいけませんな、
ほんとに。

 

良い気づきを頂きました。

 

それでは、また!

 

 


人工知能に奪われない仕事とは?

これから生き残っていくビジネスに共通する最重要ポイントを徹底解説!

なぜ「好きなことで稼ぐこと」が生き残り戦略として正しいと言い切れるのか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です